この前、ここ10年家出して何の連絡もなかった姉が夜中に突然家に帰って来た。


その日は両親は都合でいなかった為、俺一人だった。


姉は何かに怯えているようでガタガタ震えていた。


「絶対絶対一人にしないで!!もう戻りたくない戻りたくない」


と俺にしがみつき、パニック状態だったため家出当時のままの

二階の姉の部屋へつれていきベッドで横になってもらった。


とりあえず落ち着いてもらおうと俺は


「何か飲むものもってくるよ」


と言って部屋を出ようとした。

姉は


「行かないで行かないで!怖い怖いよー!!」


俺が部屋を一歩出た瞬間にバターン!と勝手に姉の部屋のドアが閉まった。


そして部屋の中から姉の声


「ギャッ!青い人が来る!青い人が来る!青い人が来る!!」


ドアをやっと力ずくで開けると、姉はこつ然と消えていた。


ベッドの下もクローゼットの中にも、天井裏にもいない。


玄関にはぼろぼろになった姉の靴だけが残されている。


夢ではない。


とにかく消えてしまったのだった。