今から20年前の話ですが、

小学生の時に友達A君と、

A君母の生霊?的なものに遭遇しました。


A君母は仕事に行っていて、

私たちはA君の家で昼寝をしていました。


時間は15時くらいでした。


すると、玄関の方の駐車場に、

A君母の車の音が聞こえました。


私たちの寝ている部屋から玄関までは大体5mくらいで、

古い平屋建てなので、外の車の音は普段から聞こえます。


普段なら帰ってこない時間帯なので、

A君と顔を見合わせ、


「?」


という顔をお互いしました。


次に玄関が開く音が聞こえ、

私たちの寝ている部屋に歩いてくる足音も聞こえました。


私たちは何ともいえない妙な気分でした。


怖いとはちがう、

胸騒ぎを感じていました。


足音が部屋の前で止まり、

襖がすーっと開きます。


ちょうど【人の顔】が収まるくらい開いている襖に、

【顔が5つ】縦に並んでいました。


例えるならば、

トーテムポールです。


上から2つ目がA君母の顔でした。


5つ並んだ顔はどれも無表情で、

ただ【色】だけが、

肌色⇒青⇒赤とどんどん替わっていきます。


私たちは無言で、

その光景を寝ながら見上げていました。


不思議と恐怖はなかったです。


しばらくすると、

その【トーテムポール】は消えました。


私たちはそのまま

1時間以上無言で天井を見上げていました。


その後、17時すぎでしょうか。


A君母の車の音が聞こえ、

今度は本当に帰って来ました。


私はそのあとすぐに帰宅し、

【トーテムポール】の1件は誰にも話しませんでした。


A君とはその後、

いろいろありましたが、

小学校を卒業するまで交流が続きました。


中学生になり別のクラスになってからは、

自然と遊ばなくなりました。


しかし、中学3年になり、

同じクラスになったのをきっかけに、

また一緒に遊ぶようになりました。


私は、その頃には、

例の生き霊?らしきものを、

もしかしたら自分の夢だったんじゃないかと思い始めていました。


そして、思いきってA君に聞いてみました。


私「あの顔が何個も並んどったやつ、おぼえとる?」


A君「おー、やっぱり本当に見たんやて。おれら。」


二人の記憶は、

細部までディテールが一緒で、

間違いなく、何かを見た。


体験をしたことが、

お互い証明できて、

うれしく思いました。