娘(小2)が夜中突然起きて、

ひとり言を言い出した。


一度だけなら寝ぼけたのかなと思うのだが、

それが何日か続いたのである日聞いてみた。


「毎晩、なんで起きちゃうの?」


「あんしょが来てくれるから」


あんしょってなんだろうと思い聞いてみると、

友達のことらしい。


幼稚園ぐらいのときにも空中に話しかけてたり

してたので、特に不思議とも思わなかったが、

絵がかけるぐらいに成長してたので、

あんしょの姿をかいてもらうことにした。


ゾッとした。


画用紙いっぱいに一つ目玉の顔があり、

その大きな顔の中に無数の小さな顔が埋め尽くされていた。


その顔全てが同じ顔でニヤニヤ笑っている。


驚いて娘に


「こんな怖いのがあんしょなの?」


と聞くと、

絵とそっくりなニヤニヤ笑いで娘が


「こわくないよ、ともだちだもん」


と答えた。


その晩、娘が高熱を出して寝込んだ。


うわごとでしきりに謝っている。


結局次の日には熱が下がったのだが、

娘の話を聞いてみると、

あんしょが怒っていたのだそうだ。


絵に書いたこと、

存在をしゃべったこと、

楽しいところに連れていこうとしてたこと、

俺に存在を教えたことでそれができなくなったこと。


それ以来娘が夜中起きることはなくなった。


夢とか想像なんだろうが、

当時としては怖かった。