10年近く昔の体験。


仲間内で肝試しの計画を立てた。


K県の峠にある、

もともと精神病院だったらしい廃墟。


集まったのは俺を含む

男4人女4人の計8人。


車を走らせる事約1時間、

みんなワイワイはしゃいでたが

その建物が見えた瞬間女性陣が完全に沈黙。


男の方も俺を含めてかなりビビってた。


それほどの、

これこそまさに廃墟といった風貌だったんだ。


到着するも女性陣は絶対に入りたくないと完全拒否。


俺達も、情けない事に

どうしようどうしようと相談していた。


「せっかく来たんだから男だけでも入ろうぜ?」


と俺が切り出す。


女の子が見ている手前、

精一杯の見栄を張ってたわけだ。


全員の目がKYと俺を睨む。


俺は誰か異議を唱える事を、

誰よりも心から望んだ。


・・・が、悲しいかな異議は無く、

後に引けない状況になった。


男3人は俺をさぞ恨んだろう。


俺も自分を呪った。


かくして懐中電灯の明かりを頼りに入り口を探す。


見つけたくはなかったが

あっさり窓ガラスの割れた裏口らしき物を発見。


俺達は男4人で押し付け合うように入って行った。


建物は全5階建て、

1階には受け付けや診察室らしき広い部屋。


2~5階は病室らしき部屋が

各階に約20ずつでかなり立派なものだった。


最初はビビりまくっていた俺達だったが、

次第に恐怖感も薄れ

前の奴の肩を叩いてみたり、

呻き声を上げてみたりして戯れ合いながら廃墟を徘徊した。


終盤に挿しかかり

4階から5階に登る階段を上がっている途中だった。


後ろから


「カツーン・・・カツーン・・・」


という足音らしきものが聞こえ

しんがりを勤めていた俺はふいっと後ろを振り向いた。


当然誰もいない。


他の男3人には聞こえてないようだった。


大きな建物だから

俺達の足音が反響しているんだろうと勝手に納得した。


階段を登り終えると

2~4階と同じように20ほどの部屋が連なる通路に出た。


不意に窓から外を見ると、

女性陣4人の姿が月明かりに照らされて見えた。


俺達が建物に入るときは女性陣はみんな車に乗ってたんだけど、

さすがに退屈になったのか俺達に向かって

手を振ったり指差したりしている。


何か叫んでたみたいだけど、

5階じゃよく聞き取れない。


俺は英雄気取りに女性陣に手を振り返した。


探索も終わり

意気揚々と俺達4人は廃墟を後にし、

俺達4人は車に戻った。


しかし、女性陣の姿が見当たらない。


車にも乗っていない。


俺達は真っ青になってすぐさま車のライトを点け、

周りを見渡し女の子4人を探した。


丁度車のライトに照らされる場所に

女の子は4人とも身を寄せ合うようにうずくまっていた。


俺はホッとして女の子達に駆け寄ったが

悲鳴を上げられた。


顔をあわせようともしない。


俺達に怯えているようで俺達はオロオロと


「どうしたの!?」


「何かあったの?」


「さっきまで手を振ってたじゃない」


女の子4人は泣くばかりでこちらに見向きもせず、

取り合ってくれない。


とにかく俺達は嫌がる女の子を抱きかかえ、

車に押し込めた。


ようやく落ち着いたのか、

女の子の一人がボソッと言った。


「あのとき・・・5階に居たとき・・・あんた達5人だったよ・・・」