蛇神様が死ぬほど怖いんだ。


かつて俺は、蛇神様の社で祈った。


クラスのK、S、H、の3人の死を。


俺を執拗に、

脅し、殴り、蹴り、辱しめる、

この3人の死を。


蛇神様の社は、

人が足を踏み入れない、

荒れ果てた社だ。


その社の狛犬は、

両方とも首がない。


稲荷神社と同様に、

願を掛け、祈ればいい。


ただし祈るのは深夜だけ。


祈っている所を、

人に見られてはいけない。


そして、願望成就の暁には、

やはり深夜に、犬の頭を奉納する。


俺は深夜、K、S、H、の死を祈った。



K、S、Hは、

順当に死んでくれた。


傷害、交通事故、火災、で。


俺は野良犬を餌で手なづけ、

ナタを頸部に叩き込んで、頭を落とした。


死骸は埋めた。


深夜、蛇神様の社へ犬の頭を奉納した。


闇のなかで、蛇神様の喜びを感じた。


俺はK、S、H、の3人から解放された。


この喜びと感謝は、

野良犬の頭一個くらいじゃ埋め合わせられない。


さらに2匹の野良犬の首を刎ねた。


犬が四肢を痙攣させて絶命するとき、

俺の爪先から頭部にむかって、

電撃のような喜びが駈け上がった。


死骸は埋めた。


深夜、ふたたび蛇神様の社へ犬の頭を奉納した。


闇のなかで、蛇神様の強い喜びを感じた。


俺はそれからも野良犬を殺し、

その頭を奉納し続けた。


闇のなか、凄まじい臭気のたちこめる蛇神様の社に、

新たな犬の頭を奉納していると、

社の壇上に女が立っていた。


白装束に長い髪、細い眼、薄い唇、白い肌。


ときおり薄い唇から、

二つに割れた細く小さな舌が出入りする。


俺はそれが、蛇神様だとわかった。


蛇神様は、なにも言わずに俺を見ている。


俺は理解した。


もう犬は飽きたのだ。


俺は子供を菓子で手なづけ、

ナタを頸部に叩き込んで、頭を落とした。


死骸は埋めた。


深夜、蛇神様の社へ子供の頭を奉納した。


闇のなかで、蛇神様の強い喜びを感じた。


これまでに5人の子供の頭を奉納した。


やがて発覚し、逮捕されるだろう。


深夜、布団の中で眼を閉じると、

闇の中に蛇神様が立っているのが見える。


蛇神様は、俺が、俺自身を奉納するのを、

舌なめずりをして待っている。