当時私はとある病院で働いていました


とはいっても看護師ではなく、

社会福祉士の資格を持っているので

リハビリ科のほうで、アセスメントやケアプラン作ったり

サービスを受ける手続きをしたり、

まあデスクワークっぽいものです


患者さんたちとも勿論話しますが、

多くはお年寄りの入院患者さんがほとんどでした


私の仕事でも一番大切なのは、

監査の準備です


主任が主にチェックをするのですが、

どこの病院もそうであるように

監査の前はたいてい泊まり込みで

膨大な資料をチェックして補足します


監査課の方々が来たときに、

すぐにでも望まれたものを見せれるように

またその方たちが見やすいように整理しておくのです


私も今までの資料を見直したり、

事前監査資料というものや

事前評価なるものを監査課から貰うので、

それを埋めたりしなければならないのですが、

当然それに毎日の仕事もあります


仕方ないので残ってする羽目になります


その日も、

今までのように居残って

PCの前に座っていました


リハビリ室には私一人。


主任は帰ってしまっていました


私は元々ビビリなので


「大丈夫、

ナースステーションには

夜勤の看護師さんたちも居るし」


と自分に言い聞かせ

必死で仕事をしていました


よくある話ですが、

病院での不思議な体験はしょっちゅうあったのです


しんとした部屋で仕事をしていると、

私のタイピングの音に交じって

微かにキイという音が聞こえました


振り返っても誰も居ません


私は怖くなって


「・・・もう帰ろうかな、

明日朝早く来てしようかな・・・」


と声に出して言いました


急いでPCの電源を切って、

荷物をまとめて立ち上がり、

背後のドアのほうへ振り返ろうとした時に、

自分の右側(リハビリ道具が色々置いてある)が

目に入ってきました


シルバーカーが2台並んでいる前に、

一人のちいさなおばあちゃんが立っていました


徘徊なんかはよくあることですが、

ドアは開けた形跡が無いし

入院患者にこんなおばあちゃんが居た覚えもありません


新しい方なら、

私達リハ関係者には通達があるはずです


一瞬でもの凄い悪寒を感じて固まってしまった私のほうへ、

その老女は近づいてきて目の前へ。


そして私の腰に手を回して抱きつきました

(私の肩まで程の身長でした)


私を濁った目でじっと見上げ、

ゆっくりと口を大きく開けました


「おぎゃあ!おぎゃあ!おぎゃあ!おぎゃあああああああ!!!」


赤ん坊のような泣き声が響き渡りました


どれくらい経ったかわかりませんが、

私は思い切り名前を呼ばれ

強く肩を叩かれました


「Оさん!?Оさん!!」


ハッとして振り返ると、

3階の看護師長が立っていました


なんでも、

リハ室から甲高い悲鳴が聞こえたので慌てて来てみると

私が呆けた様な顔で、

声だけは凄く大きな声で叫んでいたそうです


後ろには2人の看護師と介護師さん


そこで私は、

安心して泣きだしてしまいました


今では何だったのか、

誰だったのかは判りません


あの後、結局その病院は辞めてしまいました


ただ、その時の同僚とは今でもたまに連絡しますが

私が居た頃も日常茶飯事だった足音やナースコール、笑い声などは

今でも頻繁に起こっているそうです


これが霊感ゼロの私が体験した、

数少ない恐怖体験でした