私はお婆ちゃん子でした。
 

両親が共働きでしたし、一緒の家に住んでいたので

私は小さい頃から祖母にはずいぶんと甘えましたし・・・
 

祖母も孫の中で私が一番可愛いと

二人きりになった時にはよく言ってくれました。


しかし

人には必ず寿命があり、どんなに大切な人にもいつかは必ず死が訪れます。
 

そして

祖母が死んだのは私が高3の夏の事でした・・・

私は一週間くらいは泣き続けたのを覚えています。


その年の冬の事です。

受験勉強で疲れていた私は

夜中に何かの気配でフト目が覚めてしまいました。
 

枕元を見ると祖母が着物を着てチョコンと座っています。
 

すぐに、幽霊だと気がついたのですが不思議と怖くありません。
 

祖母は生前の様な優しい顔で私を見つめていたからです。
 

「おばあちゃん。」私は声をかけました・・・


すると祖母の霊は私の頭の中に語りかけてきました。
 

「生前、悪い行いをしたので成仏するには一番可愛がっていた

身内を道連れにしなければならない・・・」
 

そんな感じの意味が頭を駆け抜けた瞬間!
 

祖母が私の首を掴むともの凄い力で引っ張ります!!


私は声を出そうとしたのですが、首を強く締められているので声はでません。
 

頭の中で
「お婆ちゃん!やめてくれ!お婆ちゃん!」と何度も念じていました。
 

しかし、祖母の両手は力を緩めませんでした。
 

気が遠くなる瞬間に頭の中で

「ちぇ!」と汚く舌打をするような意味が聞こえたと思ったら

私は気を失ってしまいました。


気が付くと両親が私の部屋にいました。

両親に言わせると

大きな物音が聞こえたのので部屋に入ると

私が白目をむいて口から泡を吹いていたと言うのです。


あの日以来、祖母の霊が二度と私の所へ来る事はありません・・・
 

そして私はこの話を誰にも・・・両親にさえも話していません・・・

 

しかし

テレビ番組で霊能者がよく先祖の守護霊だとか

祖母の霊が守っていると神妙な顔で話しているのを聞くと・・・

「何を言うかぁ!偽物霊能者め!」

と思ってしまいます。