ガキの頃、夏の蒸し暑い夜の出来事。


あまりに暑いので家族のものから、

アイスを買ってくるよう頼まれた。


当時、街灯もまばらな田舎に住んでいた俺は、

8時過ぎくらいに家を出て、

片道10分くらいの一本道を通って、町の雑貨屋に行った。


アイスを人数分買って帰り道に差し掛かったとき、

何とも嫌な空気を感じた。


たいして気にもせず家に向かうと、

突然背後から声をかけられた。


20代くらいの若い女性だった。


暗がりでよく見えないが、

髪が長く綺麗な感じだったのを覚えている。


「この道はどこへ続くのですか?」


そんなことを聞かれたと思う。


俺は歩きながらその人と話した。


別に怖くもなかったし、

子供だったのかたいした疑問や疑いもなかった。


しばらくすると、当然家の前に着いたので


「ボクんちここなんで」


と言って失礼した。


「ただいまー」


家に帰ると家族がカンカンに怒っている。


「今まで何してたんだ!もう12時過ぎだぞ!」


往復30分もかからない道なのに…。


暑い夏の夜、なぜかアイスは溶けてはいなかった。


もう30年も前の出来事だ。