ある大学生が上京するためのアパートを探していた。


なるべく安い家賃のアパートがよかったため、

不動産屋にまずそのことを伝えると、

従業員はすぐに驚くほどの格安のアパートを紹介してきた。


しかしあまりに部屋の大きさや立地条件と比べて家賃が安いので、

何か欠陥でもあるのだろうと思い、

紹介されたアパートを見に行ったが

特にこれといった欠陥は見当たらない。


あと考えられる事はいわゆる

「曰くつき」というやつだろう、

そう思いはしたがとにかく自分の希望にぴったりなアパートだったので

入居することにした。


引越ししてきたその夜、

眠ろうとベットに入ると「コンコン」と

玄関をノックする音がした。


ドアホンが付いているのにおかしいと思いながらも

玄関を開けると、誰もいない。


気のせいかと思い再びベットに入ると

すぐにまた「コンコン」とたたく音。


もう一度玄関を開けるがやっぱり誰もいない。


またベットに戻ると、

またしても「コンコン」という音。


しかも最初より大きな音になっている気がする。


何度も繰り返される行為にこれがあの値段の理由かと思い、

無視をして眠ることにした。


するとそのノック音はどんどん大きくなって

しまいにはドアを叩き壊すかのような激しい音になった。


次の日すぐに不動産屋を問い詰めると、

前にあのアパートで火事があって、

あの部屋に住んでいた女の人が焼け死んだという話を聞いた。


つまりあれは外からのノックではなく、

中にいた彼女が必死に外に出ようとしていた音だったのだ。