最初に見たのは入学して二ヶ月目。


教室が二階だったので階段を上っていたら

何か様子がおかしいのに気付きました。


視界に映るものがぼやけているのです。


そしてふとおどり場を曲がりきると、

階段の手すりに寄りかかるようにして立っている

制服を着た女の子がいました。


何故かその子だけははっきり見えたのです。


ただし、顔だけが見えませんでした。


覚えているのは長い髪と

細い赤いリボン(校則違反)そして赤い上履き。


顔は分からないのに、

まるで私を睨んでいるかのようでした。


私が恐怖に固まっていた時間は、

数分経ったのか数十秒だったのかはわかりません。


ただ少し経ってから、

周囲が元に戻り彼女も姿を消しました。


金縛りが解けたように、

私は慌てて階段を駆け上がり教室に飛び込みました。


もちろん見たもののことを、

クラスメートに話さずにはおれず……

ただもう夢中で話したのでした。


それから数日後、

私の体験が噂になったのを聞いた他クラスの先生が

部室にいた私を訪ねて来ました。


先生はその霊の元凶となった子のことを知っていたのです。


実は私がその高校に入学する3年前、

試験には合格したものの入学式前に亡くなった人がいました。


入学式前だったと言うことで、

無視するのも可哀想だと言うので

入るはずだった教室に席が準備されたのだそうです。


ところがそれが全ての始まりでした。


その教室は一階だったのですが、

異常に日当たりが悪くなり

(もともとはそんな感じではなかった)

時間が経って花が飾られなくなった彼女の机には

どこから入って来たのかいつも猫が寝ていたり、

また彼女らしき姿を教室周辺で目撃されることも

多くなってきたため二度ほどお払いしたそうです。


その結果しばらくはそうしたことがなかったようなのですが、

偶然私が見てしまったと……。


おそらく見えなくなったのではなく

出没はしていたんだと思います。


波長が合う私が入学してきてしまったので

目撃(というか出会う)することになってしまったのでしょう。



二度目に彼女に合ったのは校外でのこと。


仏壇屋の前を自転車で通っていたら、

ショーウィンドーに彼女に似た人が

反対方向から自転車に乗って去っていく姿が映っていました。


ところが、その時実際には道を通っている人も

自転車もいなかったのです。


家に帰っていってるのかな、

と思いましたがそれで終りではありませんでした。



三度目は美術室でのことです。


教室移動で、自分のクラスからその教室へ移動したのは

私が一番最初でした。


ドアを開けるなり、

部屋には白い煙が立ち込めていました。


「?」


と思っていた私の前に、彼女が腰から上だけで、

しかも後姿で現れたのです。


最初の出会いと比べて、恐い感じはしませんでした。


また少ししてそのまま彼女は消えてしまいました。


上記のことは一年から二年の間の出来事です。


それ以降彼女と思しき人物には出会っていません。


が、一つだけ……。



高校三年になって、下級生の友人が出来たので

良くいっしょに自転車で登校していたのですが、

ある日たまたまそういう恐い経験の話になったので

『彼女』の話をしたのです。


そして話し終えてふと、下級生の自転車の荷台を見たその時


彼女の鞄の上に、長い髪をした頭が乗っていたのです。


髪をなびかせて……。