昔の話なんだけど、六甲山のある場所から見ると

峠にある地蔵が手を振ってるように見える場所がある、

そういう噂話があったんだ。


ま、よくある肝試しスポットで行ったヤツも多かったし、

別にどうってことないと思ってたんだ。


ある日のこと、俺と俺の先輩、

先輩の彼女とその友人の女の子の4人で遊んでいたんだ。


先輩「なあ、お前ら知ってるか?六甲山の手振り地蔵って」


俺「あ、聞いた事ありますけど~、行った事ないヽ(´ー`)ノ」


女性陣「え?なになにそれ~?」


俺&先輩「行ってみる?」


ええ、勿論先輩の友人と仲良くなりたかった俺のため、

話の流れに若干の仕込みはあったわけなんですよ。


時計は午後9時いい時間、

一行は高速道路を飛ばして一路六甲へ、ナイス先輩。


車を走らせながら先輩、

こわ~い話をいっぱいしてくれたりするんです。


俺も負けじと怖い話を返して・・・


車の中は怖いムードいっぱい女性陣が

かなりビビっております更に話を続けると・・・。


はい、やりすぎました。


女性陣がマジで怒りだしました(;´д`)


怖すぎた模様、

とりあえず先輩と俺は精一杯なだめモードに。


誠意とジョークでなんとか友人の方は

機嫌が直ってきたみたいなんですが、

先輩の彼女がかなりムスっとしている様子。


俺と先輩と友人の3人でなんとかなだめつつ

車は六甲山のふもとにたどり着きました。


先輩の彼女はムスっとずっと無言、先輩はマズィな顔、

後部座席の俺と友人は困り果ててます

(微妙な意気投合でそれはそれでなんかOKなムードだが)


いつの間にやら場は、先輩の彼女のご機嫌を取る会、

になりつつ六甲山を車で登っていく一行。


ようやく目的地に着きました。


彼女もちょっとは機嫌が直ったのか、

皆と一緒に車を降りて歩き出した。


「あのお地蔵さんかな?」

「別に動いてないじゃん」

「ま、こんなもんだよね~」


車を降り、ちょっと階段を登った先から

件の地蔵は見えました。


やっぱり雰囲気あってちょっと怖い、怖さ紛らわせつつ、

おのおの適当に言いながら先輩の彼女の様子を見ます。


・・・やっぱり無言。


単に怒ってるのか?

怖すぎるのかな?


判断につかなくって困り果てる(汗。


とりあえず、全員で車に戻って帰路に着いた。


そして途中で何か食べて帰ろうかって先輩が言い出した。


先輩「何にしよーか?」


俺「あ、何でもいいですよ~」


友人「あたしも何でもいいです」


先輩の彼女「・・・・・・」


まだ無言。


困り果てる俺と友人、

で先輩がちょっとイラつきだしたみたいで(当然だけど)、


先輩「おい!お前何が食べたいんだ!?」


彼女「・・・・・・・」


先輩「おい!!」


彼女「あたし・・・・・」



彼女「あたし、あんたの肉食べたい・・・」



一同、(はあ?)一瞬送れて(ぞ~~・・・;)


・・・・・・ちょっと待って、目がいっちゃってるよ、彼女?


一同ここから無言で地元の俺の車の駐車場へ、

彼女の友人は俺の車で送って、

彼女は先輩が送っていきました。


友人を送りながらも、

俺は何を言えばいいのか何も浮かばなかった。


先輩の彼女の友人も同じく一言も喋らなかった・・・。


翌々日、先輩から連絡があった、


昨日の朝(翌日の朝)、

あいつの母親から電話があった、昨夜何があったのかと。


先輩の彼女、心が完全に壊れてしまっていたそうです。


その日から精神病院へ・・・。


何を言っても反応せず、

一日中ぼ~っと壁を見て、たまに一言。


「あたしのタマしらない?」


などと意味不明な事を今なお言ってるそうです・・・。


心霊スポット、

遊び半分で行ったツケにしては大きすぎです。




これは後日談なんだけど、

その先輩の彼女が変なことを口走る時、

片手を手のひらを上にして足の上に、

もう一方を手のひらを正面に向けて肘を曲げて、

正面に手のひらをかざすようなポーズしてた(汗


俺は一回しか聞いてないけどね・・・。


先輩は何回も聞いてるし、その先輩曰く、

地蔵から変なものが来たんじゃないかって。


タマって地蔵が良く持ってる

玉状のアレじゃないかって俺は思ってる。