まだ大学生活に慣れておらず、

ゆっくりし過ぎて遅刻気味の時間になってしまった。


田舎だし、

家族もよく鍵をかけず出かけるので大丈夫だろうと、

鍵をかけずに家を飛び出し大学へ向かった。


帰宅し、家族と夕食を囲み、

部屋へ入ると勉強机に二枚のカードがあった。


臓器提供カードだった。


部屋に荒らされた形跡は無く、

家族に聞いても知らないという。


勿論俺も知るわけがない。


犯人が誰なのか、

何故臓器提供カードを二枚置いたかは未だにわからないが、

当時は色々と疑心暗鬼に陥ってしばらく沈んでいた。