飲み会に行った彼女からの電話


「やばいんで来て!」


わけも分らず部屋に着くと

何やら重い雰囲気、


「何かあったん?」


と訊くと


「この部屋いっぱいいる!(幽霊)」


その時突然CDがスロウ再生、

もう、部屋中がパニックになり

一旦帰ろうと解散して、

俺も彼女を送っていった。


部屋に戻ると彼女はまだガタガタ震えている、


「大丈夫?」


と訊いても反応は虚ろ。


そして


「あ~~~~~!!」


と叫び床に倒れる彼女。


「身体の中に誰か入ってくる!!」


マジかよと思いながら様子を見てると

むくっと彼女は起き上がり、


「ふふふ・・・・」


と笑いだす。


「大丈夫?」


との問いかけに彼女の返答は


「・・・あそぼ・・・」


その別人格?は最初は30分くらいの感覚で出てきてたのだが、

段々と15分・5分と出現の感覚が短くなっていった。


そしてとうとう彼女の人格(元のね)は

完全に支配されていった・・・。


「おい!A!しっかりしろよ!」


と私はひたすら彼女をよんだが、

帰ってきた答えは私を恐怖させるのに十分だった・・・



「もう、いないよ・・・・」


いつもの私ならそんな状況になれば

((;゚Д゚)ガクガクブルブルですが、

その時は自分の彼女ということもありキレました。


「ふざけるな!!

人の身体にとりつくしか能がないくせに

調子に乗るな!さっさと出て行けよ!」


すると彼女の表情が豹変して


「だったらお前に乗り移ってやろうか!!」


そう叫びながら私の首を絞めようと

襲い掛かってきました。


(´Д⊂モウダメポ


となった私は会社の人を呼んで病院へ・・・

(本当は寺に行きたかったが、深夜ということで病院へ)


その間もやりとりは続いていたのですが、

どうも話方が子供くさい。


なので私は


「これから病院に行ってお前に太い注射うってもらう。」

(子供は注射嫌いだからね)


と話すと


「病院かぁ、あそこお友達いっぱいいるんだ・・・」


もう勘弁して下さい。・゚・(ノд`)・゚・。と思いながらも

そこで朝を迎え、速攻でお寺にお祓いに行き、


その霊?は


「ふふふ・・・・」


と笑いながら去って行きました。