あたしの父は小学校の先生なんだけど

仕事済んで帰りに各教室の電気消しに行ったら

一人の男の子が残って勉強してて、

遅いから早く帰りなさい。と声かけたところ、

分からないところがあるから教えて欲しいと言われて

教えてあげていたらしい。


んで次の日また教室の電気消しに行ったらまたその子がいて、

毎放課後勉強教えてあげていたと。


それが一週間ほど続いた。


そして父がその子のクラスの担任に


「A君て放課後いつもすごく熱心に勉強してるんで

誉めてあげてください」


と言ったら、担任の先生が


「え?A君は十年前に事故で死にましたよ…」


と言ったらしい。


そして父がいつものように放課後その子の元へ行って

勉強教えてあげている途中言った。


「A、お前は死んだんだよ」


って。


そしたらA君はそのまま席を立って壁に入って行った。