カンボジアのアンコールワット周辺での話


ややマイナーな遺跡で、

疲れてたから、遺跡の上に座り休んでいた。


そこは、あまり観光客はいなかったな。


日本語ですみませんとか言われて起こされた。


おっさんだった。


その人曰く、

仕事でカンボジアにいるんだけど、

日本の身内に手紙出したいから、

この手紙日本に帰ったら投函してくれ、とのこと。


そんなのカンボジアからでも出せるじゃんと不審に思ったけど、

感じのよさげなウホッだったから、

まあ、カンボジアの話聞こうと思って、

その手紙受け取ったよ。


おっさんとはシェムリアプの町に戻って飯食った。


帰国後、切手買って手紙投函した。


切手代は飯おごってもらったから俺が出した。


おっさんは物知りで、

クメール人の悲しい歴史とかの話を聞いた。


手紙出すとき、

一応俺の住所も書いといた。


数日して、

おっさんの身内の方から連絡あった。


名前は言えない。


おっさんは、とうの昔に、

現地で事故で亡くなっていた。


手紙は生前のらしい。


身内の方に説明を求められたが、

返信で、俺の見たことをありのまま書いた。


それきり身内の方から連絡はない。


怖い話かわからん。


あのおっさんが、

死んだという人とは別人で、

なんらかの訳があってその名を名乗ってただけなのかもしれん。


でも、安易に知らない人から頼まれ事は受けないほうがいいな。