大学時代の話


彼女と夜電話で話してた。


内容は、

会ったこともない彼女の友達の話や、

興味のない携帯小説の話。


しかも長い。


時間がたつにつれ

だんだん彼女の話に集中できなくなってきた。


すると、彼女の声に混じって、

背後でごにょごにょと話し声が聞こえるのに気づいた。


遠くて声の性別はわからない。


こもってて抑揚のない感じ。


家にはひとりだと聞いていたので

テレビでも付けているんだと思って

特に気にしていなかったが、

彼女の話が余りにもつまらないので

何となくそのごにょごにょ声に耳を傾けてた。


暫くしてその背後の声が

少しずつ大きくなってるのに気づいた。


ひどくこもってて性別はわからない。


高い男声か低い女声という感じ。


何を言ってるのかはわからないが、

かなりの早口でずーっと喋ってる。


テレビ番組にしてはちょっと不自然だと思い、

自分のテレビをつけてチャンネルを回してみたが、

当然そんな番組はやってない。


チャンネルを回してるうちに、

今度は彼女がまったくしゃべってないことに気づいた。


そして例のごにょ声も聞こえない。


やばい、

話聞いてないのバレて怒らせちゃったかと思い

なんと切り出そうかと考えると


低い唸るような男の声で


「おい」


驚いて咄嗟に電話切った。


それ以来彼女とは連絡つかず、

大学にも来なくなった。


彼女のアパートにも行ったが、

解約されて空家になってた。

(電話からほんの一週間後)


SNSのログインも無し。


共通の友達に聞いても分からず。


もう4年になる。