当時、高校生の友人体験談。


仮にAとします。


ある日、Aは課題を終わらすため

夜遅くまで学校に残っていた。


許可は取っていない。


警備員が巡回するので見つかれば追い出されてしまう。


見つからないように部屋の電気は最小限にしていた。


念のために内側から鍵も閉めておく。


しばらくして、

そう遠くなさそうなところから音がする。


廊下からか他の部屋からかは分からない。


Aは警備員が来たと思い、

電気を消し、隅の物陰に隠れた。


足音が聞こえる。


やはり警備員が来たのだ。


こちらに近づいてくる。


自分がいる部屋のドアが開いた。


「おい、こんな時間に学校にいたら駄目だろう。

早く帰りなさい。」


真っ暗な部屋に男の声が響く。


・・・見つかってしまったか。


声の主は電気も点けずに

そのまま部屋を出て行った。


居るのが分かったなら

電気ぐらい点けてくれてもいいだろうに。


見つかったからには仕方がない。


今日は帰るとしよう。


電気をつけ、荷物をまとめるとドアに手をかけた。


ここで妙なことに気付く。


・・・鍵がかかっている。


Aはここで更に気付いてしまった。


この部屋のドアは 内 側 か ら しか鍵はかけられない。


外側には鍵穴さえない。


では先程の男はどうやって鍵を開けて中に入り、

鍵をかけて出て行ったんだ?


それに真っ暗な部屋で物陰に隠れていたのに

どうしていることが分かった?


電気の消し忘れと言うこともあるだろうに。


いや、そもそも先程のアレは警備員か?


ではさっきのはダレだ?


Aは全力で逃げるように家に帰った。


以上です。


結局その男の正体は分からずじまい。


その高校には他にもいろいろあるそうです。