友達のK子は友達のH君にドライブに誘われた。


気乗りしないから断ったんだけど

あんまりしつこいから

妹のAちゃんも一緒に連れて行くことにした。


H君はもちろん運転席で、

K子とAちゃんは後ろの席に座った。


出発して十数分たってから

お寺の前にさしかかった。


もともとK子はH君の事をどうでもいいと思ってたし、

Aちゃんも口数の多いほうじゃなかったから、

車内はし~んとしてた。


お寺を完全に通過するとき、

Aちゃんが震えてるのがわかった。


K子が


「どうしたん?」


と聞いてもAちゃんは答えず

ずっと震えていた。


K子はAちゃんに

霊感があることが分かっていたので不安になり、


「H君、Aの調子が悪いみたいやから

もう家まで送ってくれん?」


といった。


H君はチッて感じだったけど

しょうがないので引き返すことにした。


H君が煙草を取り出して火をつけ、

窓を開けようとしたらAちゃんが叫んだ。


「開けんといて!!!」


K子とH君はびっくりした。


K子が


「どうしたん?」


と聞いても、


「開けんといて!」

「絶対開けたアカンで!!」


と繰り返すばかり。


しかもすごい顔で怒るので、

H君は渋々と煙草の火を消した。


それからずっと三人はだんまりで、

K子の横でずっとAちゃんは震えていた。


家の前につくと、

AちゃんはK子の腕を締め付けるように握り、

車から飛び出し

扉をバン!!と閉めた。


H君は何やねんみたいな顔で

Aちゃんを睨み付けて帰っていった。


K子がAちゃんに


「どうしたん?H君可哀相やん」


と言った。


するとAちゃんは、


「あのな、途中にお寺あったやろ?

あそこからな、変な人付いてきてんで。

車の外にへばりついてずっとこっち見てた。

目がギョロッとして髪の長い女の人。

ずっと笑っとった。

車ん中入りたくて、ずっと隙さがしててん。

窓開けてたら入ってきとった。」


と言った。


K子は


「それでその人はどうなったん?」


と聞いた。


「アタシらが車降りると同時に

H君の車に入っていったわ。

こっちに来んように、すぐドア閉めたった。

お姉ちゃんもうあの人とは遊びなや。」


と言った。


それからK子は

H君と連絡を取らないようにしたそうです。