ネタくさい話。


正直、俺も当事者じゃなかったら信じない。


実は俺、中学の時に死のうと思ってたんだわ。


スッゲーいじめにあってて、

教師も見て見ぬフリ。


両親はW不倫で俺に興味ナシ。


身体中に痣があって、

その日は顔もボコボコで、

もう息をするのも辛かった。


で、結構な田舎だから、

定番の『入っちゃいけない場所』があったのよ。


ヤンキーとかも、何故か入らない。


本当に触れちゃいけない場所だったんだと今では思う。


張り巡らされていたロープ…というよりは、

なんか変な紙の塊が帯になったものをくぐって、

道なき道を歩いていたら、少し開けた場所に出た。


死のうと思っていたくせに、

首吊るロープとか包丁とかも無くて、

落書きとか裂かれたりした学生鞄の中に、

同じような惨状の教科書類。


どうにもならなくて、

そこら辺の木にもたれかかって、

そのまま寝てしまった。


これは自分だけかもしれないが、

毎日眠れなかった。


身体中痛くて、

精神的にも疲労していて、

休まなければいけないのに眠れない。


寝たら、次の日が来てしまう。


学校を休んでも、

両親のどちらかが相手を連れ込んで

自分を邪魔にする。


時には蹴られ、殴られたりする。


もうどうでもよくなっていたのか、

体が限界だったのか、すぐに寝てしまった。


そしたら、

学校にいる時みたいなざわめきが起こった。


俺に対するいじめは、

無視も暴力も中傷もあって、

基本的に休み時間は机に突っ伏して

やり過ごしているんだが、

聞こえて来るのさ、悪口が。


関係無い話とかも聞こえて来るんだけど。


そんな感じで、

やっぱり俺の悪口が聞こえて来るの。


けど、何故かいつもみたいに

具体的な言葉ではない。


キモイとか死ねばいいのにとかくさいとか

過去の些細な失敗とか。


そういうのじゃなくて、

悪口なのはわかるんだけど

『なにあれ』とか『どういう事』とか、

どうも戸惑っているような感じだった。


忌々しそうな物言いだったから、

きっと悪口だろう。


それが夢だと思っていて、

ようやく眠れたのに、

夢の中でもこんなに苦しまなければいけないのかと思って、

どうにも泣けて来た。


それで、大声上げて泣いたんだわ。


耳がビリビリして、

眼の前真っ暗で、体もグラグラして、

気絶するまで泣いていた。


今までされた事思い出しながら、

もう嫌だと泣き叫んでた。


気が付いたら、

誰にもこの場所に行く事なんて言っていないのに、

三人の人間に発見された。


この土地の有力者?みたいな有名な婆さんと、

なんか見た事無いけど、

その家系の人らしい男女。


実は、

俺はこの婆さんの孫に虐められていた。


だから、誰も味方になってくれなかった。


しかし婆さん達は俺を保護すると、

すぐに孫の所に連れ行った。


顔も見たくなかったのに。


が、ボロボロの俺の前で、物凄く怯えていて、

何も怖いものなんか無いみたいな孫が、

その時は震えてた。


土下座して謝られて、

それで何故か俺の家まで連絡が行って、

色々なストレスと怪我が元で暫く入院して、

退院した頃には全てが変わっていた。


今まで虐めていた奴らや教師、

しかも校長とかまで俺に謝りに来た。


意味がわからなかった。


両親も土下座だった。


マジ意味がわからない。


そのまま、

また婆さんに呼ばれて孫の家に行く事に。


婆さんが土地の有力者の理由ってのが、

なんか、口寄せ?予言?みたいのが出来るかららしい。


代々この家の人間の力だそうで、

どうもあの森の中の『何か』が

婆さんの頭の中に色々な映像を見せる


そうだ。テレビと電波とか、そういうもん?


で、その受信はいつ来るかわからないものらしい上に

どうでもいい事や重要な事が混在しているそうだ。


俺が気絶したくらいと同時刻、

婆さんの頭の中に、

俺が家や学校で受けている仕打ちと、

森の中で倒れている映像や音声を受信したそうだ。


嘘みたいな話だが、

本当に誰にも言っていなかったから、

信じるしかなかった。


婆さんは清廉潔白な人だから、

あまりの仕打ちに大激怒してくれたそうだ。


しかし、

本来ならこんな事は無いらしい。


森の中に入った人物は、

皆精神に異常を来すか死亡するか、

ともかく正常な心のまま帰って来る事は出来ないそうだ。


そして、婆さんに呼ばれた理由。


なんと『森の中の人』からの伝言が俺にあったらしい。


婆さんは苦笑しながら、

受信した言葉を伝えてくれた。


『○○△△(俺の本名)の声はとても不愉快だ。

二度と来るな。次は無い。気持ちが悪い』


…本当に、気持が悪い、まで言っていたそうだ。


婆さん曰く、なんか俺の声は人でないもの、

特に実体を持たないものを抑え付ける何かがあるらしい。


俺が泣き叫んだせいで、

体調を崩す程に消耗させられたそうだ。


その日以降、森にも行かなかったが、

両親含め周囲が腫れものを扱うかのように他人行儀になり、

結局それに耐えられず、中学を卒業と共に都会に逃亡。


勤めて結婚も出来て子供も生まれ、

年老いた両親から連絡があり、

和解の為に十数年ぶりに帰郷。


家に行くまでにあの森を通り掛かったら、

いきなり五歳の娘がギャン泣き。


『森の前で、

イース(?キース?なんかのアニメの女の子?)が怖い顔で見てた』


とか言い出した。


これ以上ここにいたくないという娘を嫁に任せて、

近くのファミレスに避難させた。


まだ生きていた婆さんと両親との挨拶もそこそこに、

もう二度と帰って来ない事を誓って、自宅に帰った。


余談だが、

本当に出るという曰く付きの格安物件をわざと借りて、

三日ほど家の色んな所で歌い続けていたら、

いつの間にかいなくなっていたらしい。


(様子を見に来た不動産屋や、

見えるらしい知り合いが曰く、

目に見えて建物の雰囲気が変わったと驚いていた。

俺自身に霊感とかは一切無いしわからない)


というか、今住んでいる所も、

土地の広さと家のでかさの割に妙に安かった。


わざとやった。


そして過去現在何事も起きていない。


ここら辺りは、

森の中の人に感謝しています。


嘘みたいな、本当にあった話でした。


正直、見えないものよりも人間の方が怖かった。


俺は何も変わっていないのに、

態度が百八十度変わられると

本当に恐怖を抱いた。


自分だけ別の世界に放り込まれたような気分だった。