僕の会社の先輩がタイに旅行に行った時の話です。 

先輩はよくタイには遊びに行くらしく、

ツアーでは物足りず観光客が誰も行かないような田舎町などに赴いては現地の人と仲良くなり、

ますますタイの魅力に取り付かれていったようでした。

タイを満喫して帰国後、早速撮り溜めた写真を現像し、

アルバムに収めて友達や会社の同僚にタイのお土産話を聞かせるのももはや恒例となっていました。 

いつものようにタイから帰国して日焼けした先輩のお土産話を聞かされる僕。

正直飽きてました。

すると

「こんな人いたっけ?」

と先輩。

いかがなさいました?と聞くと

「この写真、俺一人で撮ったはずなんだけど」 

見ると田んぼをバックに笑顔で写る先輩の写真が。 

その10メートルほど後ろに現地の人と思われる女性が写っていました。

「誰もいないとこで撮ったはずなんだけどな......」 

その時は大して気にも止めずにそのアルバムは押し入れにしまったそうです。

それから半年後........ふと思い出したようにあの時のアルバムを開き、例の写真を見ました。 

あれ?こんな近かったっけ?

後ろに写りこんでいた女性が先輩の5メートルくらい後ろに立っていたのです。

顔もうっすら確認できる位の距離に。

さすがに気持ち悪がった先輩でしたが、その写真はまた押し入れに閉まったそうです。

それから半年後........また思い出したように押し入れからアルバムを引っ張り出し、

その写真を見て血の気が引きました...........

先輩の真後ろにその女性が立っているのです。

顔もハッキリと確認出来ました。

目が無いのです。 

ヤバいヤバいヤバい!!これはヤバい!!

先輩はすぐさまネットで霊媒師を探し、その写真を持って駆け込みました。

訳を話し、その写真を霊媒師に見せると霊媒師は青ざめた顔で

「さっきからあなたの後ろにその女が張り付いてるの気付いてます?」