今日も残業で帰りが遅くなってしまった。 

ずっと残業が続き、私は疲れ気味。 

疲れているときには座って帰りたいけど、そんな時に限って電車は座れるほどには空いていないですよね。 

座席が埋まってチラホラと立っている人がいるくらいです。 

微妙だね。 

いっそ混雑してればあきらめの付くのに。 

ドアの所に立って流れ行く街の明かりや通過する駅を見ていた。 

やがて電車は郊外を走っている。 

ここまでくると、マンションや住宅の明かりばかりになってくる。 

この辺は丘陵地帯なのでトンネルがいくつも続く。 

トンネルにはいるとドアガラスには車内だけが映る。 

ふと視線を感じた。 

「あれ」って思ったときにはトンネルを出ていた。 

ドアガラスは半分が外の夜景で半分が車内を映している。 

ドアガラス越しに映っている車内をみても、私に視線を合わせている人などいない。 

次のトンネルでも視線を感じた。 

その次のトンネルでも視線を感じた。 

あわててドアガラスに反射した車内の風景を見ると、私の真後ろに男性がいる。 

「え?」っと振り向くと、誰もいない。 

『痴漢? ストーカー?』 

変質者だったらいやだな。何もなければいいけど。 

この先に長いトンネルがあるので、じっくりと見てやるぞと決意したが、

いけないことをするときのように心臓がバクバクしている。 

トンネルに入ると、今度も視線を感じる。 

後ろを見るがやはり誰もいない。 

改めてドアガラス越しに反射する車内の風景をみると・・・ 

私の後ろにいる。 

それは去年に死に別れた夫。 

仕事で疲れている私を心配して見守ってくれている。 

『ありがとう・・・私、がんばるから。』

ガラスに映る夫の姿を懐かしく見ていると、唇が動いた。 

その動きは『早くこっちにおいでよ』って言ってる。