ある晩の事です。

ドアの向こうに、何か気配を感じました。

僕は一人暮らしで、

誰も泊まりにきていないので、僕一人しか居ません。

でも、なぜかドアから気配を感じるのです。

(なんだか怖いな・・・)

と、思いながらも、僕はドアに近づき、思いっきりドアを開けました。

・・・誰も居ない・・・。

(気のせいか・・・。)

僕はホっとしてまたドアを締め、PCの前に座りました。

その時でした。

ガチャッ・・・

ガチャガチャッ・・・。

ドアから音が聞えます。

心臓はばくばく言っています。

ドアを見ると、

ドアノブが上下に激しく動いているのが見えました。

・・・さっきドアを開けたときは、間違いなく誰も居なかったのです。

僕はPCも電気も点けっぱなしで布団に潜り込みました。

ガチャガチャと、ドアノブは激しく動いています。

布団を頭からかぶり、僕はじっとしていました。

ガチャガチャとドアノブは動いています。

様子を伺おうと、布団から顔を出すと、

PCの画面には大きな女の人の顔が写っていました。

その目は真っ黒でした。

なんかヤバイと思い、僕はまた布団に潜り込みました。

気を失ったのか、ただ単に眠ってしまったのか、

そのまま浅い睡眠状態になっていたようで、目が覚めると夜中の三時を回っていました。

 僕はゆっくりと布団から出ます。

・・・PCの電源は入ったままでした。

ですがしばらく操作していなかった為か、画面は真っ暗でした。

それより怖かったのは、点けっぱなしだった電気が消えていた事でした。

電気のヒモを引っ張り、部屋の明かりを点けました。

特に部屋には異常はありません。

僕は恐る恐るPCに近づきます。

ドキドキと、心臓が高鳴ります。

マウスを動かして、

PCの画面が点いた時、

またさっきの女の人の顔が出てきたら怖いからです。

・・・ですが、電源を切るにも一旦は操作しなければいけません。

強制終了という手もありますが、できれば避けたいもの。

僕は勇気を出して、マウスを動かしました。

・・・PCには、mixiの画面が映し出されました。

ホっとしました。

僕はPCの電源を落とし、

お茶を飲もうとしました。

そして固まりました。

ドアが少し開いていて、

さっきPCの画面に映っていた女の人がそこから僕を睨んでいたからです。

そこで僕はまた気を失ってしまいました。

その後も僕はこの部屋に住んでいますが、

あの女の人を見たのはあれ以来ありません。

もしかしたらあれは夢だったのかもしれないと思いたいのですが、

どうも夢にしてはリアルなのです。

 またいつあの女の人を見てしまうかのか・・・

そもそもあの女の人は一体誰なのか・・・。

謎のままです。