これは某合戦場跡地を旅行した3日後に体験した話です。

リビングで寝ていたら夜中にふと目が覚めました。時計をみると2時くらいだったと思います。

「なんやまだこんな時間か」と再び寝ようとすると違和感を感じました。

首から上と指先が少し動くくらいで体が全く動かないのです。

声をだそうにも喉から出るのはひゅーひゅーという音だけ。

これが金縛りかあ~とか呑気に思いながら周囲を見渡してみると。

ベランダにいました。

真っ赤なオーラ(?)を纏って真っ赤な着物を着た小学生くらいの女の子。

赤くないのは真っ黒な髪の毛だけで目も瞳も真っ赤なのです。

なにやらすごい形相で私を睨んでいたのですが、

どうすればよいのか分からずに目を閉じて朝がくるのを待ちました。

翌朝その女の子が立っていた場所をみると小さい羽虫が窓ガラスにびっしりくっついて死んでいました。

人型をかたどって。

それで夜の出来事は夢じゃなかったと確信しました。

とりあえずその周辺にはたくさん塩まいときました。