今年の1月頃に私が体験した出来事です。

その頃 彼女が癌の手術をしたばかりで近くの美江寺観音様に治癒の祈願にお店を開ける前に参拝してました。

彼女の癌は驚くほど回復しこれも観音様のお陰と感謝して参拝を続けていた………そんなある日。

午後3時くらいに二人の男のお客さんがみえました。

その二人にお水を出そうと用意していましたら もう一人駆け込んで来る男のお客がいまして……………。

お水を三つ用意し直してテーブルに行くと 二人しかいません。

私が「三人様ですよね?」と尋ねますと………。

「いいえ二人です。」との答え。

あれ? あとからもう一人きたよなぁ。


遊びにきてた彼女に言うと………彼女は「ううん二人だったよ。」と言います。

ええっ?ほんとうかぁ………。

じゃああとの一人は幽霊か?などと彼女と話していました。

テーブルには初老の紳士とサラリーマン。

あとから来た若いやつはどこに?と考えていました。

しばらくして二人が会計にレジの所にみえました。

そこでまた驚きの出来事がおきました。

なんと会計に来た二人はサラリーマンの上司と部下という感じ………。

二人は黒いネクタイ………。

えっ?

??????

あとから来た幽霊だと思った方が目の前で千円札をだしている…………。

震えるような手でお金をもらいお釣りを渡しました。

二人が帰ったあと彼女に聞きました。

彼女がいうには、最初に一人入ってきて後からもう一人駆け込んで来たんだよ。という。

じゃあ彼女に、幽霊が入って来たと話している時に見えていた初老の紳士が幽霊だったのか!!!

なんとも狐につままれたような体験でした。

どうやらまず上司が一人で入ってきて遅れて来た部下はトイレに直行。

部下がトイレにいる間に私が応対していたらしいです。

この体験の答えは次の日わかりました。

朝1番に初老の品の好い女性がみえました。

昨日がご主人の葬式だったとか。

きくとまだまだ若いと言える60代。

近くで洋品店を営んでいらっしゃる方でした。

奥様に昨日の事を話そうか迷いましたが言わずにおきました。

私のお店は店中に彼女が描いた仏画が溢れるお店です。

いろいろな方がみえます。

初めましての挨拶がわりの体験談でした。