本日、生まれて初めての霊体験してしまいました。

もう、つい先程ですよ。

ちょっと状況を説明しづらいのですが…。

今日はちょっと残業をしまして、いつもより帰りが遅くなりました。

山の手が落雷により遅れてたなぁ。

オレの家は小〇急線の沿線なので、新宿発の急行に乗りました。

座席は全て埋まっていたのですが、まだ混みあってはなく、首尾よくドアのすぐ横の場所をとることができました。

ここは座席の手摺り?に寄り掛かることができるので、立ち乗りではベストポジションですよね。

今考えるとこの車両だけ、この場所が空いてたのもなにかあったのかなぁ?

程なく電車は動きだし、オレはボケーと窓の外を眺めていました。

駅を出ると、外は暗いので、車内が映って見えます。

車内は通勤時間帯程ではないものの、そこそこ混んでいたのですが、ふと、一人の乗客に目が止まりました。

反対側のドア付近に、向こうを向いて立っている男性…。

その肩に手が掛かっています。

「イチャイチャしてやがるな…」と思い、振り返って、実物を見ると…

手がない。

もう一度窓越しに見ると、やっぱり手が肩をしっかりとつかんでいるのです。

その時はなぜかまったく怖いとか思いませんでした。「あれ~?」くらい。

やがて途中駅につき、人の乗り降りがあり…

また電車が動き出し、車内が映るようになると

「!」

手が近づいている!

つまり、オレのすぐ後ろに立つ男(こっち向き)の肩に腕が掛かっているのです。

窓越しに良く見ると、男の首の後ろあたりに何か女性の頭の一部が見えます。

このとき初めて、全身がブワッと総毛だち、変な汗が出てきました。

なるべく素知らぬフリをして、外の景色を見ようとしましたが、結構はっきりと車内が映るので、ついつい見てしまいます。

「うわー!ヤバい!気付かないフリしなきゃ!そして次の駅で車両を変えよう!」

と考えていました。

そのときちょうど電車が通過駅を通過し、一瞬車内が映らなくなりました。

次に映ったとき…

「うわ!」

オレの肩に、手が!

後ろに誰か…居る!

手がオレの頬を撫で回す…!

触られている感覚は、無い。

でもメチャクチャ掻き撫でている!

肩の後ろに、顔は見えないけど女の頭がある!

なんか逃げることができない。

かなり長い間触られ続けたと思う。

汗がしたたる。

振り替えることなんてできない!

そのまま十分くらいだろうか、やっと降りる駅に着き、コチラ側のドアが空いたので、転がるように駅に降りました。

精一杯何事もないようにエスカレーターを降り、トイレで鏡を見てみると、

何も映っていませんでした。

その後、

凄く気持ち悪かったけど、別に何もせず家に帰って来てしまいました。

いやー、

実際こういう体験したの初めてだけど、叫んだり逃げたりできないものだねぇ。