「ちっ!やっぱり降り出しやがった!」

残業が終わり最終電車には何とか間に合ったが最寄りの駅はかなりの雨が降っていた。

「参ったなあ!カバンが傘代わりじゃ書類が濡れちまうしなあ!」

そして男が目を落としたその先にあったものは傘立てに差してある一ヶ所骨の折れた黒い傘。

誰が置き忘れたのか、たった今まで使っていたと思われるほどそれはひどく濡れていた。

男はあたりを見回し、誰もいないのを確かめると何の臆面もなくその傘を抜き取ってその場で広げてみた。

5cmほどの穴が開いていたが

「まあ、濡れるよりはましか!」と呟いて、降りしきる雨の中へと駅を出た。

街路灯もまばらな薄暗い帰り道、雨は一向に止む気配をみせない。

アパートまであと15分以上歩かなければならないのだがその時、

男は急に自分の握っている傘の柄に冷たいものを感じた。

ふと目をやると、細く青白い手が男の手を掴んでいたのだ。

「うわっ!」思わず悲鳴をあげて傘を離そうとするが強くしっかりと掴まれたその手は離れない。

そしてピチャピチャと音を立ててその手元を濡らすのは雨ではなくおびただしい量の血。

「フフフ......やっと見つけたわ! これでまた少し元に戻れる!」

かん高い笑い声が聞こえて見上げる傘の穴からは髪を振り乱し目を大きく見開いた女の顔があった。

次の日、やはり夕暮れより降り始めた雨は深夜まで降り続けた。

人もまばらなその駅の片隅にある傘立てには、昨日と同じようにずぶ濡れの黒い傘が一本だけあった。

最終電車が終わり、降りてきた一人の女は

「まあ、濡れるよりはましね!」と呟き2センチくらい穴の開いた傘をさして降りしきる雨の中に消えていった。