彼はタクシー運転手をしていました。

とある日のことです。

夜中の2時頃、人気の無い街の郊外を走っていると、道路脇に喪服を着た女性が手を挙げて立っていました。

(こんな時間になんで喪服なんて着ているんだ?気味が悪いな。)

と思いましたがこのご時世。客を選んでられないのでその女性を乗せて走り出しました。

女性は目的地は言わず、かすれそうな小さな声で

「........右にお願いします」

「..........真っ直ぐ行って下さい」

と言うだけで終始うつむいていました。

(気味の悪い女だな.......)

と思いつつも彼は言われた通りに車を走らせました。

しばらく言われた通りに進んだ時、彼は

(まさか......)

と思うようになり、額から冷や汗が垂れ流されソワソワと挙動不審な態度に。

「.......そこを左に」

そう言われた時、彼は間違いない!!と確信しました。

「.......そこで止まって下さい」

後ろからその声が聞こえたとき、彼は全身に汗をかき、

顔面蒼白で体はガタガタと震え、気が狂ったように泣き叫びながら

「ごめんなさい!!!!!!!ごめんなさい!!!!!!!!!許して下さい!!!!!!!!そんなつもりじゃなかったんです!!!!!!

!許して下さい!!!!!!!!ごめんなさい!!!!!!!!!!ごめんなさい!!!!!!!!うああああぁぁぁぁああああああ!!!!!!!!

すると後ろの女性がハッキリした声で

「なんで逃げた」