今から20年以上前の古い話だが、

皆勘弁して聞いてほしい。

あの日、仕事から帰宅途中のおれは特に予定もなく、真っ直ぐ家路についていた。

カーン カーン カーン カーン・・・

いつも、横を通り過ぎるだけの踏み切りが右手に見える。

そういえば、この踏み切りを渡った事がないな。

好奇心だった。

おれはその踏み切りの向こうを見てみようと思った。

誰でも、暇な時に通った事のない道を通ってみる事ぐらいあるだろう?

そんなノリだった。

ガタンゴトン・・ ガタンゴトン・・

電車が目の前を通り過ぎ、踏み切りがあがっていった。

初めて通るので、左右をきょろきょろしながら踏み切りを渡る。

ん?

渡り終えた踏み切りの左手に、花が飾られていた。

・・人身事故があったんだな・・・かわいそうに・・。

おれは心の中で手を合わせ、その場を後にした。

少し進むとT字路があった。

家の方向が左側になるので、おれは左に曲がった。

そこでおれは不思議なモノと遭遇する。

目に入ったモノ、それは人の行列だった。

一体何の行列だ?

おれは最後尾を見つけたのだが、あまりに長い行列なので、前が全然見えない。

ぼーっとしていると、その行列に参加しようとたくさんの人が次々にやってきた。

「ちょ、ちょっと・・わ・・」

おれは後から来たその人達に押されるように、その行列に参加してしまった。

五分もすると、あっというまにおれの後に大量の人が並び、最後尾が見えないくらいになってしまった。

やっかいなものに巻き込まれた・・まあ今日は暇だからいいけど・・

なんて思いながらも、好奇心で何の行列かが気になった為、このまま参加する事にした。

・・・それから三時間くらいが過ぎただろうか?

時計は夜の八時を指し、あたりはもう真っ暗になっていた。

行列は、一向に前には進まなかった。

並んでいるのに、停まったままだ。

それは、日曜の朝8時くらいのパチンコの行列のように皆停まったまま。

周りの人は、疲れたからか、次々に座りだした。

どうやら、長期戦になるようだ。

おれも、朝キヨスクで買ったサンスポを敷いてそこに座った。

座ってすこし落ち着いてみると、その行列に違和感を感じた。

皆、ほとんど会話をしていない・・・。

そんななか、おれは昼間の疲れが出て、うとうとして眠ってしまった・・・。

ざわざわ

ざわざわ

ざわざわ・・・

ん・・・

あたりがざわめきだして、目が覚めた。

もう明るい・・・。

なんと言うことだ・・・おれは朝までぐっすり寝てしまったようだ。

ドンッ

後ろの人の足が背中に当たった。

どうやら行列が進みだしたらしい。

後ろのひとは声をかけてくれたらいいのに、露骨に歩いてぶつかったようなヤリカタをしてくる。

おれはいそいで新聞を丸めてお尻ポケットにねじ込み、行列とともに進みだす事にした。

・・それにしても。。周りは異様な雰囲気だ・・・。

妙にソワソワしだしている。

おれも、好奇心や流れで一緒に進んではいるが、この先に一体何があるんだろうか・・・。

ふと時計を見る。

・・・え・・・

オレは目を疑った。 と、同時に、これはヤバイと第六感が警報を鳴らす。

空はもう明るい。 まぎれもない朝だ。

なのに、時計の針は、

夜中の二時を指していた。

とめどなく汗が出てきた。

「ご、ごめんなさい! オレ、やっぱりかえります!」

オレは行列から出ようとした。

このまま進むと絶対にヤバイ。 そう思った。

でも、行列が前に進む力は思いのほか強いものだった。

両サイドには、いつしか紐のようなものが貼られ、横からも出れない状況になっていたのだ。

「ごめん、 ちょ、ちょっと、 出ます!」

周りの者は、誰もオレの声なんて聞いちゃいなかった。

その、【目的地】に全神経が行っているようだった。

おれは直もグイグイ後ろの人に押され、前に進んで行く。

自分の意思とは裏腹に、前へ前へ・・・。

そのまま何分くらい進んだのかはわからない。

とうとう、目的地が見えてきた。

後ろの人間が更に異様な雰囲気になって行くのがわかった。

オレを押す力がだんだんと強くなっているのである。

ふと、目的地付近の人を見た。

目的地に行き、何かを受け取っているようだった。

ソレを受け取った人の表情は、この行列の重圧から解放された喜びか、その受け取ったモノの効力なのか、

例えようのないくらいの幸せな表情をしている。

後ろの人たちのざわめきも、だんだんと強くなっていく。

「おれは・・間に合うのか・・」と言っている。

間に合う?

一体何が間に合うのだろうか?

あそこまで行けば、一体何を受け取れるのだろう?

考えてるうちに、おれはとうとうその最終地点にたどり着いた。

そして、そこに居る者に指示を出されたので、ポケットから紙を一枚渡し、

名刺入れの二倍くらいの大きさの箱を受け取った。

そうやって、おれは手に入れたのだ。

ドラクエⅣを。

時計? そりゃあ、その帰り道に時計屋に寄って電池換えてもらったさ。

今の時代となっては、あんな不思議な現象はないよな。

本当に思うよ。