あれは確か

私が小6くらいの時に、母と妹と、いとこの家へ遊びに行った時です。

母とおばは買い物へ行き、私/妹/いとこ姉弟の

4人で留守番してました。

初めのうちは、

みんなで2階の部屋で

遊んでいたのですが、

私は眠くなってしまい、2階の部屋にベッドが

あるのですが、

遊んでる声で眠れないので、1階のリビングにあるソファーで寝ることにしました。

夕方で暗かったので

部屋の電気をつけ、

そのまま寝てしまいました。

どれくらい眠ったのでしょう。

水道から水が出ている音で、目を覚ましました。

キッチンとリビングは

隣接していて、

ソファーから軽く体を起こし

「喉渇いたの?」

と声をかけ、キッチンの方へ少し振り返ると、

真っ暗。

(おかしいなぁ…)

そう思い、流しの方へ

しっかり顔を向けると、何故か暗闇にハッキリと、真っ黒な人が立っているのが見えました。

凹凸もなく、ただ輪郭だけの真っ黒な人。

そして、

水道から流れ続ける水。

頭が真っ白になり、

とにかく急いで2階へ

駆け上がりました。

「今、誰か下に来た?」

いとこの答えは

「うぅん、ずっと3人で遊んでたよ」

よく考えたら私は寝起き。

黒い人は寝ぼけて見た。

上から何かが落ちてきて、

それがうまいことレバーに当たり、

レバーが下がって水が出たのかも…。

そぅ思い、

「キッチンの水道って、レバー下げると水出るの?」

と尋ねると

「うぅん。

上げないと出ないよ」

この一言で、

あれが寝ぼけてただけじゃないんだと思い知らされました。

「水道にタイマーがついてて、勝手に水が出るなんて機能、ないよね?」

訳わからない質問ですよね。

けど、私が経験した事を否定したかった。

「そんな機能ないよw」

普通そうですよね。

おばにも話しましたが、「やめてよ~笑」

と言われるだけ。

その後遊びに行っても、あれ以来何も起こりません。

とても不思議な体験でした。