クラスメイトの池上さんに仕入れていただいた話だ。

池上さんの知人で、現在、寺の住職をしている大門さん(仮)が子供の頃にしたという体験を紹介しよう。

大門さんの家は寺で、当時住職だった祖父と両親、妹と5人で生活していたのだという。

祖父が猫好きだった事もあり、寺の境内には住み着いた野良猫がそこら中にゴロゴロとしていて、

大門さん自身も良く餌をあげたりして可愛がっていたのだそうだ。

その本堂の裏側に、祖父もいつからあるのかよくわからなかいという古い井戸があった。

普段は蓋がしてあったが、覗き込むと暗い底のほうで時折水面にブクブクと泡が出ていたという井戸は、

もしかしたら井戸の水中には何か得体の知れないものが潜んでいるのではないかと幼心に思わせ、

大門さんはあまりこの井戸が好きになれなかったという。

ある日、大門さんがお気に入りだったぶち猫が姿を消してしまった。

猫は死期が近づくと悟られないように身を隠すというが、ぶちは今朝方まですこぶる元気だったのだ。

きっと誰か猫好きな人に拾われていったのだろう。

自分の中でそう結論を出して大門さんはぶちの幸せを願った。

だが翌日からも、なついていた野良猫達が徐々に姿を見せなくなった。

誰かが拾っていくにしても毎日毎日猫がいなくなるのはやはりおかしい。

かと言って、境内のどこを探しても猫の死体などなく、大門さんの祖父も首を捻っていたという。

数日が経ち、大門さんが小学校から帰り家でくつろいでいたところ、妹の悲鳴を聞いた。

祖父と悲鳴のした方に飛んでいくと、大門さんの妹は本堂の裏の井戸に上半身を

つっこみ、尋常ではない程泣き叫びながら浮いた足をバタバタさせていたのだという。

「ばかもん!何やっとる!」

祖父が妹の体を抱き上げようとするが、妹の体は鉛のように重く、

祖父と大門さんが二人掛かりでもなかなか上げる事ができない。

何かに引っかかっているのか?

大門さんは妹の上半身を引っ張り上げようと井戸を覗き込み、その光景に絶句した。

泣き叫ぶ妹の両腕を、「人のようなもの」がしっかりと掴んでいた。

人だと人目でわからない理由、それは人型はしているが、

全身がまるでぐずぐずに腐ったように崩れていて、とてもではないが生きた人間には見えなかったからだ。

絶叫した大門さんは全身の力が抜けてしまい、その場にへたり込んでしまった。

その様子を見ていた祖父も井戸の中を覗き、大きな声で経を唱えた。

しばらく祖父が経を唱えながら妹の体を引っ張っていると、

すっぽ抜けるように祖父は妹を抱いたまま井戸の横に勢いよく転がった。

祖父はすぐさま起き上がり、井戸を覗き込みながらさらに経を唱え、最後に井戸の蓋を閉じた。

「家に入ってなさい!」

祖父の怒号で我に返った大門さんは、泣きじゃくる妹を引っ張って家の中に駆け込んだ。

落ち着いた妹はぽつぽつと、何故あんなことになったのか説明を始めた。

一週間程前、妹が本堂の裏で遊んでいると、井戸から声が聞こえたのだという。

さほど恐ろしいとは思わなかったという妹が井戸の蓋を開けてみると、

井戸の中に着物を着た男性がいたのだという。

男性は「猫が好きだ、猫を連れて来てくれないか?」と妹に言ったのだという。

言われるままに妹がぶち猫を井戸に連れて行くと、井戸の男性は「かたじけない」と言い、

猫を抱いて井戸の水底に消えて行ったという。

それから妹は度々井戸の男に呼ばれ、猫を連れて行っていたのだというが、

さすがに妹も猫がどこに行くのか不思議に思ったらしく、猫はどうしたのか、どこに行ったのか男性に尋ねたという。

すると突然、男性の様相が豹変し、腕を掴まれて井戸に引っ張り込まれたのだという。

井戸は祖父の提案ですぐに埋められ、その場所に小さな祠を作ったそうだ。

祖父はその男についてなにも語らず、他界してしまい、

妹の腕には、今でも火傷の跡のようにしっかりと手形が残っているという。