職場の同僚、Eの話しである。

Eは当時、卒業間近な大学4年生だった。

寮で一人暮らしをしていたEは、卒業と同時に地元の群馬に帰る為、その日は部屋の片付けをしていたのだという。

半ば荷物の整理も済み、寝る準備を始めたEの耳に携帯の着信音が入った。

相手は、しばらく連絡をとっていなかった地元の親友Aだった。

「よぉ、久しぶりじゃん」

他愛も無い挨拶を交わし、二人は話し込んだ。

近況、学校の事、気になる女の事、Eは色々と話したが、どうもAの反応が薄い。

相槌を打つだけで話に食いつく様子がまるでないのだ。

Eがどうしたのかたずねると、Aはあいまいな返事をした後に

「たまには遊ぼうよ」

と切り出した。

どこか解せない返事だったが、どうせ地元に帰ればAとまた遊ぶようになるだろう。

「そりゃもちろん、いつ遊ぶ?」

Eの返事に気を良くしたのか、Aは嬉しそうに

「じゃあ今から行く」

とだけ言い残して、通話は切れた。

Eは首を傾げた。

今から行くと言っても、Aは群馬、Eは神奈川で、時間も既に日付が変わって深夜だ。

どういうつもりなのか考えていると、Eの部屋のインターホンが鳴った。

同時に声が聞えた。

「おーい、遊びに来たぞー」

先ほど電話で聞いたのと同じAの声だった。

(なんだ、Aのやつこっちに遊びに来てたのか)

入口に向かい、ドアを開けるとそこには満面の笑みのAが・・・

いなかった。

人一人いなかった。

どこかに隠れているのかと思い、部屋の周りを見て回ったがやはり誰もいない。

不安に思い、Aの携帯に電話をしてみるが・・・でない。

途端に、言いようのない寒気を覚えたEは、姿の無いAを放って、部屋に戻って寝たのだという。

「また遊びに来るよ」

明け方、ハッキリと声が聞えたという。

驚いて飛び起きると、部屋のドアがわずかに開いているのが見えた。

その声は確かにAの声だったと、Eは言っていた。

その日の昼に、親からEに電話が掛かって来た。

Aが亡くなったという。

昨日の夕方頃、乗用車同士の正面衝突でAは意識不明の重態となり、日が替わる頃に息を引き取ったのだという。

・・・ではEと電話で話していたAは?

・・・昨夜、この部屋を訪れたAは?

・・・今朝方聞えた声は?

Eは何となく、携帯のメモリからAの番号が消せないと言って見せてくれた。

「また遊びに来るよ」と言い残してこの部屋を去ったA。

今のところまだ、Aが再び遊びに来る気配は無いという。