その日私は、友人から引越しの手伝いを頼まれ、彼のいる寮へと向かっていました。

うっかり寝坊をしたため約束の時間には間に合いそうもなく、いつもよりスピードを上げて運転していました。

やがて、寮の近くにある橋に通りかかった時でした。

幾度となく目にしているはずの橋の存在が、その時、どういう訳か妙に気になったのです。

いつも通っていた橋なのに、そこだけ全く違う世界にあるような変な感覚で、

恐怖とは別の、何か不可解な雰囲気を感じさせました。

時間を割いてでも自分の目で確かめないと気が済まないと思い、

どうせ遅刻は確定だし、少しくらいなら・・と自己擁護しながら、路肩に車を停めて降りてみました。

橋の真ん中辺りまで歩いてくると、先ほど感じた奇妙な感覚はいっそう強くなりました。

自分が変に意識し過ぎておかしくなっているのか、この場所が変なのか・・・。

辺りを見回していると、橋からやや離れた場所に建っている民家がふと目に留まりました。

木造の古びたボロ屋で、黒ずんでいて清潔感は皆無。

当然物件としての価値もある訳ないだろうと眺めていると、

その家の窓をほんの一瞬、人らしき影がすうっと通りました。

誰か住んでいるのか・・・?

いや、それよりも先ほどから感じていた不思議な感覚の根源は橋ではなく、

その民家にあるように思えてきました。

・・行ってみるか・・・?

しかし友人との約束があるため、

後日また足を運んでみようと心に誓い、その場を後にして私は寮へ向かいました。

友人の寮に着くと、私は変な事を気にかけて無駄足を踏んだことを友人に説明しました。

すると友人は意外にも興味を持ったらしく、引越しが終わったら自分もそこに行ってみたいと言ってきました。

今思えば、さらりと友人に話してしまったのは軽率でした。

「そういう家ってのは、案外人が住んでいたり、不動産が営業してたりするんよ。」

そんな友人の意見は見事に打ち砕かれることになったのです。

2日後、無事に引越し作業が終わり、

寮と新居を何度も往復してくれたお礼として友人から昼食をおごってもらいました。

当然のように早速そのボロ屋に行ってみないかという話になり、2人で車に乗って例の橋に行きました。

「ちょうどこの辺かな。今は別に何も感じないけど・・・」

「ふーん。俺もいつもここ通っていたけど、そんな感じした事はなかったなぁ・・。

で、あそこのが例の家か?うわぁ随分酷いなぁ・・・。」

説明するまでもなく、友人もその家をすぐに見つけていました。

それ程まで分かりやすく朽ち果てた家だったので、周りの建物とのギャップは際立っていました。

2人でその家を目指して土手を歩いている時、友人が道端で突然立ち止まり、小声でぼそっと

「やばい。」

そう呟きました。

その一言にぎくりとして友人を見ると、友人は家の方を凝視しながら、

すごい勢いで目から涙をボロボロ流していました。

大量の涙。
あっという間にボタボタと地面に垂れ落ちてもまだ涙は止まりません。

あまりの光景に驚愕し、私もつられるように家を見てしまいました。

窓の所に、異様に細長い人間のような物体がいました。

信じられないくらいの細い頭と、細長い胴体、布きれのような服。

明らかに人間ではありませんでした。

距離があるため顔までは分かりませんが、私達2人の方を向いていた事だけは確かでした。

何だあれは 何だあれは 何だあれは 何だあれは・・・

そう思った時には、私の目から涙が溢れ出ていました。

目の奥がズキズキと痛みながら涙が止まることなく流れ、

あまりの恐怖に、無理やり涙が搾り出されるような感じでした。

ここにいてはいけないと思った瞬間、

その物体から視線を逸らし、立ち尽くす友人を引っ張って、車に戻りました。

あの時の圧倒的な恐怖感の前で、逃げる以外の選択肢はありませんでした。

車の中でも友人は暫く涙をこぼし続けていました。

「あんなもの、いる筈がない。いたけど、いる訳がない。」

などと呟いていましたが、私より視力のいい彼の瞳には私よりも鮮明に

あの物体が映っていたのかもしれないと思うと、もう何も聞けませんでした。

それ以来、古びた建物を目にした時は、極力窓を見ないよう心掛けています。