大学時代、サークルの友人と二人で深夜のドライブをしていた。

思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道に、くねくねと蛇のようにうねる山道を通った。

昼間は何度か通ったことがあったが、夜になると、これが同じ道かと思うくらい無気味な雰囲気だった。

ハンドルを握っていたのは俺だったが、わりとビビリのほうなので、運転をかわってもらったほうが気が楽だった。

しかし友人の山根は、ラーメン屋で勝手に一杯ひっかけていたので、助手席で無責任な軽口を叩くばかりだった。

「ここの峠って色々変な話があるよな」

急に山根が、声をひそめて囁いてきた。

俺は聞いたことがなかったが、「何なに?どんな話?」なんて聞くと、

ヤツのペースだと思ったので、興味ない風を装って、「ああ」とそっけなく返した。

山根はなぜか俯いて、暫く黙っていた。

二車線だが、対向車は一台も通らない。

申し訳ていどの電灯が、まばらに立っていた。

無言のまま車を走らせていると、急に大きな人影が前方に見えた気がして一瞬驚いたが、

道端に立っている地蔵だと気付いてホッとした。

このあたりに、なぜか異様に大きな地蔵があるのは覚えていた。

その時、黙っていた山根が口をひらいた。

「なあ、怖い話してやろうか」

この野郎、大人しいと思ってたら怪談を考えてたな。

と思ったが、ヤメロなんていうのはシャクだったので、「おう、いいぞ」と言った。

山根は俯きながらしゃべり始めた。

「俺の実家の庭にな、小人が埋まってるらしいんだよ。

じいさんが言ってたんだけど。俺の家、古いじゃん。

いつからあるのかわからない、へんな石が庭の隅にあってな。その下に埋まってるんだと。

で、じいさんが言うには、その小人がウチの家を代々守ってくれている。

そのかわり、いつも怒っていらっしゃるので、毎日毎日水を遣り、その石のまわりをきれいにしていなければならない。

たしかに、じいさんやお祖母ちゃんが、毎日その石を拝んでいるけど、そんな話ってあるのかなあと思って、

小学生の頃、病院で寝たきりだった曽祖父に、見舞いに行った時に聞いてみた。

曽祖父も、ちゃんと小人が埋まってると教えてくれた。

それも、ワシのじいさんから聞いたと言っていた。

子供にとっては気が遠くなるほど昔だったから、こりゃあ本当に違いないと単純に信じた」

山根は淡々と話しつづけた。

こんな所でする怪談にしては、ずいぶん変な話だった。

山根は言った。

「小人って、座敷わらしとかさ、家の守り神のイメージあるよな。

でも、埋まってるってのが変だよな。

俺、曽祖父に聞いてみたんだよ。なんで埋まってるの?って」

そこまで聞いた時、急に前方に人影が見えて、思わずハンドルを逆に切ろうとした。

ライトに一瞬しか照らされなかったが、人影じゃなかったみたいだった。

地蔵だ。

そう思ったとき、背筋がゾクッとした。

一度通った道?

ありえなかった。

道は一本道だった。

「曽祖父はベットの上で両手を合わせて、目をつぶったまま囁いた。

むかし、我が家の当主が、福をもたらす童を家に迎え、大層栄えたそうな。

しかし、酒や女でもてなすも、童は帰ると言う。

そこで当主は、刀で童の四肢を切り離し、それぞれ家のいずこかへ埋めてしまった」

俺は頭がくらくらしていた。

道がわからない。

木が両側から生い茂る景色は変わらないが、まだ峠から抜けないのはおかしいような気がする。

さっきの地蔵はなんだろう。二つあるなんて記憶に無い。

車線がくねくねと、ライトから避けるように身をよじっている。

山根は時々思い返すように、俯きながら喋りつづける。

「それ以来、俺の家は商家として栄えつづけたけど、早死にや流行り病で、家族が死ぬことも多かったらしい。

曽祖父曰く、童は福をもたらすと同時に、我が家をこんこんと祟る神様なんだと。

だからお怒りを鎮めるために、あの石は大事にしなければならん、と」

よせ。

「おい、よせよ」

帰れなくなるぞ、と言ったつもりだった。

しかし、同じ道をぐるぐる廻っているような気がするのと、山根のする話とどうも噛み合わなかった。

最初に言っていた『この峠の色々変な話』ってなんだろうと、ふと思った。

山根は続けようとした。

「これはウチに伝わる秘密の話でな、本来門外不出のはずなんだけど・・・」

「オイ、山根」

我慢できなくなって声を荒げてしまった。

山根は顔を上げない。悪ふざけをしてるようだったが、よく見ると肩が小刻みに震えているようだった。

「この話には変なところがあって、俺それを聞いてみたんだ。

そしたら曽祖父が、おまじない一つを教えてくれた」

「山根。 なんなんだよ。 なんでそんな話するんだよ」

「だから・・・・」

「山根ェ!車の外が変なんだよ、気がつかないのか」

俺は必死になっていた。

「だから・・・・こういう時にはこう言いなさいって。



 ホーイホーイ
 
 おまえのうではどこじゃいな 

 おまえのあしはどこじゃいな

 はしらささえてどっこいしょ

 えんをささえてどっこいしょ

 ホーイホーイ」



心臓に冷たい水が入った気がした。

全身に鳥肌が立ち、ビリビリくるほどだった。

ホーイホーイという残響が頭に響いた。

ホーイホーイ・・・・呟きながら、俺は無心にハンドルを握っていた。

見えない霧のようなものが、頭から去っていくような感じがした。

「頼む」

山根はそう言って両手を合わせたきり黙った。

そして気がつくと、見覚えのある広い道に出ていた。

市内に入りファミリーレストランに寄るまで、俺たちは無言だった。

山根はあの峠のあたりで、助手席のドアの下のすきまから、顔が覗いているのが見えたと言う。

軽口が急にとまったあたりなのだろう。

青白い顔がにゅうっと平べったく這い出て来て、ニタニタ笑い、これはやばいと感じたそうだ。

俺に話したというよりも、自分の足元の顔と睨み合いながら、あの話を聞かせていのだ。

彼の家の人間が、危機に陥った時のおまじないなのだろう。

「家に帰ったら、小人にようくお礼言っとけよ」

と俺は冗談めかして言った。

「しかし、お前がそういうの信じてたなんて、意外な感じだな」

と素直な感想を言うと、山根は神妙な顔をして言った。

「俺、掘ったんだよ」