王様に「世界一旨い料理を作れ」と命じられた宮廷の料理人たち。
しかし王様は世界中のどんな食材にも満足せず、
怒った王様は次々と役立たずで用無しの料理人を処刑していった。

そして最後に残った料理人は、明日は自分の番か、と頭を悩ませていた。
月明かりが彼を照らす。

「・・・王様を満足させるには、ありきたりの食材ではダメだ。
最高の食材でなくては・・・。」どうしよう?時間がない。

思い悩む料理人。だが、その料理人は突如、閃いた。
「そうだアレしかない。」

早速、自慢のよく切れる包丁を取り出し食材の調達に出かけることにした。
そして、その料理人は苦労の甲斐あって、何とか最高のエサを食って、
最高に自由気ままに飼育されて育ち、丸々肥えた最高級の「豚肉」を手に入れることができた。

しかし、その料理を王様が口にすることはなかった・・。


【解説】
「豚」とは王様のことです。なんと料理人は王様を料理してしまったのです。