オレの小学校の時のリコーダーは3つに分解できて、
名前書くところが真ん中の筒にあった。

ある放課後、誰もいない教室にオレは侵入し、
好きな子とオレのリコーダーの一番上の部分の

「笛 先 を 交 換 し た  。」

名前が書いてある場所はそのままだし気付かないだろうと・・。
そしてその笛を楽しんでいたオレであったが、交換してから初の音楽の授業に悲劇は起こった。

好きな子「・・苦っ!??あれ・・・??この笛わたしのじゃない!!!」
静まりかえる音楽室
先生「どうしたの??」
好きな子「わたしのはここにも名前を書いていたのに・・・この笛にはないんです!!」

先生に笛を見せる。

その子はクラスでもかなりモテてる子だった事もあり、まわりのDQNも騒ぎだした。

「誰かがすりかえたんじゃね?ww」
「うわきもーい」
「こわーい」

ザワザワ・・・

先生「はい、じゃあ今からちょっとみんなの笛を見せて下さい。」

やばいと思ってオレは笛先の部分の裏を見た。そこには何も書いてなかった。



【解説】
"オレ"がすり替える前に、その子の笛先をすでにすり替えている人物がいたといことです。