という俺は今は病院の隔離病棟にいます。これは全て俺の夢です

学校の帰り道にA子が刺される夢・・・

話は五年前にさかのぼるんだけど、その夢の始まりはこうだった

A子が忘れ物したって言って一人学校に戻ったんだよ・・・

30分後、俺にA子から着信がきた

おかしい忘れ物が見当たらない一緒に来て探して・・・と

そしたらA子が俺に「私を食べて!搾りたてなの!」って頭差し出してきたから骨ごともりもり食べたの

もりもりだよ?友達の頭をだよ?

と思ったら俺は棺桶に入れられてA子が窓口に馬乗りになって俺の顔に血を流すところで目を覚ましたんだ

どこから夢だったんだ・・・

そんなこと考えながらいつも通りの1日が始まったと思ったんだ

・・・まだゆめからさめてないよ?

だから次の日の朝礼のときに教卓によじ登ってみんなの目の前で自殺したんだ

俺の血は勢い良く朝礼台を赤く汚しカピカピになったよハハ

先生に怒られて掃除させられたけど血の後はしっかり残しといたよ!

その日はそれで目が覚めたんだ

夢の中の出来事なんだけどさ

実際に体験したんだよね・・・




【解説】
以下、一つの解釈です。

「これは全て俺の夢です」⇒この男が様々なことを体験した後に見た夢の話で間違いないです。
「どこから夢だったんだ・・・ 」⇒A子の話にはこの男が実際に体験した部分があり、話の流れからおそらくA子を食べるところまでが実体験した話であると想定できます。
「だから次の日の朝礼のときに教卓によじ登ってみんなの目の前で自殺したんだ」⇒「・・・まだゆめからさめてないよ?」とのことから自殺を図ったのは実体験。ただし、先生に怒られたというのは夢の中の作り話である可能性が高いです。
「という俺は今は病院の隔離病棟にいます」⇒A子を食べたこと、朝礼での自殺は本当のことなので、精神病棟に隔離されていると思われます。