俺の友人に東京消防庁の消防士と地元交番の警察官がいて、お互いにとても仲が良い。

そんな友人達の話なんだがこのまえ

久し振りに会って居酒屋で三人で飲んだんだ

消防「この前現場があってさ、親子が三人仲良く川の字になって

黒コゲで死んでんだよ。良く火事になったら落ち着いて逃げましょう、

なんて言うだろ?それは不可能なんだよね、

ガス吸うとまず体が動かなくなるわけ、

意識のある中でジワジワと焼かれていくんだ。

だからきっついんだろうな・・・」

警察「署で聞いたな、その事件放火じゃなかった?

ひでー事しやがる。最近俺も仕事で行ったよ現場。

駐車場で練炭自殺があってさ。マジやっぱりおっかねえ

、練炭なら苦しくないなんてのは大嘘らしい、顔が変だったもの」

俺「少し前硫化水素なんてのも流行ったな」

消防「あれも駄目、あっさり死ねるなんて大嘘、ガスマスクしてないと不味い

実際緑色に顔変色して苦しみもがいて死ぬから」

警察「それも聞いたな、ここらで流行ってるよな最近

まあ確実なのはやっぱり縄で首吊りだな

それも誰にも発見されないように樹海で」

俺「こえー話すんなよ、まるで完全自殺マニュアルみたいじゃねーか」

消防「馬鹿言うなよ(笑)」

そして別れたあと、警察の友人から電話がかかってきた

「おい今日の話は誰にも言うな」

結構真剣な口調だった、いきなりの事でで全く意味が分からない

それが何だか怖かった 




【解説】
硫化水素の自殺の話で、消防士は
「緑色に顔変色して苦しみもがいて死ぬから」と、
死んでいく瞬間を見ていた様な口ぶりで話しています。

つまり、消防士は硫化水素で死んでいく瞬間を見た事があるのです。

『ここいらで流行っている』事から考えて、
実は自殺に見せかけて、消防士が殺しているのではないかと推測できます。

別れた後、警察官はその事に気付いたから、消防士に感づかれる前に主人公に口止めをしたのでしょう。