少女は道を歩いてる。

知らない道を歩いてる。

途中で出会ったおばさんにたずねた。

少女「ここは何処ですか?」

おばさん「私は少し寂しいねぇ。あの子はいつもやさしいのよ。」

少女は道を歩いてる。

夕暮れの道を歩いてる。

途中で出会った青年にたずねた。

少女「うちに帰りたいけど道がわからないの。」

青年「僕はあの子の月にしかなれないんだ。

まわりをクルクル回るだけで、決して近づく事は出来ないんだよ。」

少女は道を歩いてる。

まっすぐな道を歩いてる。

途中で出会ったおじいさんにたずねた。

少女「この先には何があるの?」

おじいさん「悲しみの形は人それぞれ。

あの子がそれに気付くといいけど。」

少女は道を歩いてる。

少女はこの道を知っている。

少女は涙を流してつぶやいた。

少女「そうだったんだ・・・」