私は夜道を歩いてた。

歩いていると子どもがいた。

子どもは砂場にいた。

穴ほりをして遊んでいた。

お母さんは近くのベンチで座っているあの人?

でも眠っちゃってるみたい。だめだな、あんな親。

起こしてあげようと思って近づくと,

子どもが,「だめ。ないしょ」

でも、おこさなきゃ。近づいて,「もしもし」

「んー」

だめですよ。子どもをほっといちゃ。

「ああ・・・すいません」

気をつけてくださいね。

「はい・・・・たーくん、帰るよ」

「・・・あ・・・はい」

「お母さんにはいなんておかしいでしょ」

「ごめんなさい」

いいことをした。さようなら。

「はい、さようなら。ありがとう。ほら、たーくんも」

「・・・・さよなら。・・・ないしょっていったのに」

・・・何か言った?

「ううん。さようなら、おねえさん」

1週間後。またあそこに子ども。

またあなほりしてあそんでる。

たーくん?また穴掘りして遊んでるの?

「・・・おねえさん、あなほりじゃないよ」

じゃあなにしてるの。

「・・・おねえさんがわるいんだ。お母さんにはじをか

かせるから」

なにしてるの?

「ないしょっていったのに、だめっていったのに」

ねえ、あなほりじゃないの?

「あのときおねえさんがいなかったら、さんぶんのいち

だった」

ねえ、なにしてるの。

「・・・・だいじょうぶ、そのうちわかるよ」