ある男女がワインを飲みながら暖炉の前でくつろいでいた。

すると、男が突然泣き始めた。

「ああ、僕はこんなに幸せでいいのだろうか。僕は今までに3人の妻を亡くしているのに」

女は男の傍に行き、男を慰めた。

「大丈夫よ。あなたには幸せになる権利があるもの。でも、奥様はどうして亡くなられたの?」

男は泣きながら女の言葉に答えた。

「最初の妻は、心臓発作で。二人目の妻も心臓発作で亡くなったんだ」

「お気の毒に……じゃぁ、三人目の奥様も心臓発作で?」

男は涙を拭いながら言った

「いや、階段から落ちて首の骨を折ったんだ」

女は言った

「まぁ……お酒に酔って?」

男は言った

「いいや、彼女だけは酒が飲めなかったんだ」