電話帳をめくっていると

台所から母と祖父の話し声が聞こえる

「弥生さん、晩飯はまだかのう?」

「ええ!?何言ってるんですか?さっき召し上がったばかりじゃないですか!?」

「え?そ・・そうじゃったかのう?オカズはなんじゃったかな?」

「魚の煮付けにキンピラゴボウ、酢の物に大根の味噌汁ですよ

ちゃんとお義父さんの分も作ったじゃありませんか!しっかり

してくださいよ!」

「・・・そうじゃったけ?けど腹減って仕方ないんじゃ・・」

「分かりました、後でおむすびこしらえますから先にお風呂に入っててください!」

「・・・、風呂ならさっき入ったとこなんじゃが・・」

「や~ね、おじいちゃんったらボケちゃって

きっとそのうち近所中に『嫁が飯を食わせてくれん』って言いふらすわよ」

「そうだね・・」

俺はため息をつきながら近所の蕎麦屋に出前を頼んだ