電話に出たが、何故かあいつは息を切らしていて、俺が挨拶しても返事がない。

一言だけ「話して、話して」と言ってきたが、何を話せばよいのやら。

よくよく聞けば、電話の向こうから

「もっと聞こえるように言ってやれよ、愛しの彼氏へ」

と、友人の笑い声が聞こえてくる。

さてはあいつら、俺を差し置いて飲んでるんだな、きっと。

飲み屋の騒音で俺の声が届いていないんだ。畜生。

「話して」って、電話越しにトークさせるつもりか。

乱入してやろうかとも考えたけど、

急に電話も切れちまったし、眠気には抗えないので、やめた。