心霊スポットなんてどこに行ってもなにかとあるものだ。

そしてもちろん、宮古も小さい島だがもちろんある。

K間島の展望台

そこもまたその一つである。

昼間はエメラルドグリーンのキレイな海を一望できるとてもいい展望台だが、

夜になると・・・

あたり一面暗闇に包まれた世界へと激変する。

そこには昔からこういう噂があった。

「夜中になると、赤ん坊の声がする・・・」

まぁどこにでもありそうな話しですよねぇ~

でも、ホントの話よ。

とある日の夜10時半。

4人の島んちゅがやってきた。

H「おいっ!ここ夜中になったら赤ん坊の声がするっつぁ!」

Y「まじにな?うわりやばいんじゃんなぁ~!っていうかここ街灯ないな?暗すぎ」


T「まじでよ。うわりあやすきーか!まじで聞こえたらどうする?」

M「・・・」

という会話をしながら、展望台を上へ上へとあがっていく。

そして、一番上へとつく

すると!

H「やば!めっちゃ夜景奇麗さぁ!」

Y「だからよ。」

T「おぉ~!!これは写真とるべきだな!」

M「・・・」

そう

そこは何気に夜景も奇麗だったのだ。

まわりは街灯もなく、真っ暗だが一度上にあがると宮古島の街の明かりがキレイに見える。

そんなこんなで4人はひたすらそこでおしゃべりをしていた。

H「おい!そういえばよ~最近俺んちのシーサーが逃げだしたさーよ」

Y「は?やばくね?」

T「だからよ!つんだら~さぁ~(笑)」

M「・・・」

H「ちゃんと鍵かけたんだけどな・・・」

Y「お前より頭がいいから自分ではずして逃げたんじゃん(笑)」

H「はぁ?なめんな(笑)」

T「なんだっけ?鍵使わずにあけるやつ・・・」

H「ん~・・・」

Y「M!わからん?」

M「ピッキン・・・グーググーググーググーググーググーググーググー・・・」

H・Y・T「・・・」

H「はい。ところで、今何時?」

T「そ~ねだいたいね~♪」

H「はいうざい!何時かったら!」

T「ちょっと待ってて~♪」

H「うざいったら!!!!」

T「悪い悪い(笑)今は、一時半くら~い♪」

ゆんたくしてると時間はあっというまに過ぎていった。

すると・・・

ポツ・・・ポツ・・・

H「雨降ってきたくね?」

Y「っぽいな!どうする?」

T「もう少しいてみようぜ♪どうせいても濡れないんだし!」

H「だな!関係ないか!」

M「オッパッピー?」

H・Y・T「死ね!」

時刻は2時半

いっこうになにもおこる気配はなかった。

みんなだんだんと眠くなってきて、帰ろうかということでみんな階段をおり始める。

すると?

「・・・」

H「今なんか聞こえなかった?」

Y「聞こえた!」

T「なっ!なんか聞こえた!」

M「ごめん。俺のオナラ(笑)」

H・Y・T「KO・RO・SU!!!」

「・・ァ・・・・ァ・・・」

H「いやまて、赤ちゃんの声が聞こえる!!」

Y・T「マジだ!やばくね?」

M「・・・」

「オギャー・・・オギャー」

H「イヤイヤイヤイヤイヤイヤ!!!」

Y「やばいでしょ?」

T「とりあえず逃げようぜ?車に走れ!!!」

M「・・・」

みんなは一斉に車に走りだした。

その間、どこからともなく聞こえる声・・・

あるものは叫びながら・・・

あるものは耳をふさぎながら・・・

あるものは笑いながら・・・

車につくとみんなの動きがとまる。

H「嘘だろ・・・」

車の助手席に赤ん坊がいたのだ。

それを見たみんなはショックのあまりその場で腰をぬかして座り込んでしまった・・・

H「無理無理無理無理・・・」

Y「あっ・・・あ・・・」

T「お母さん・・・」

M「・・・」

すると一人があることに気づく

Y「おっおい!H!おっお前の後ろ・・・」

H「なに?」

Hが振り向くと・・・

H「うっうわーーーーー!!!!」

全身びしょ濡れの女の人がゆっくりとこっちに向かって歩いていた

「・・ェセ・・・カエセ・・・」

「カエセ・・・カエセ・・・」

H「来るなーーー!!!来るなーーー!!!」

Y「俺らはなにももってない!!!なにもない!!!」

T「おがーーーざーーーん!!!」

「カエセ・・・カエセ・・・

ワタシノアカチャン・・・カエセ・・・」

女はゆっくり・・・ゆっくりと歩いてきて

そして、ついに目の前まできてしまった

H「くるなーーーー!!!いやだーーー!!!」

Y「うわーーーーーー!」

T「ママーーーーーーー!!!」

M「スタッッフーーーー!スタッッフーーーー!助けて~!スタッッフーーー!

そこの女。ちょっとケインかな!あっ濃すぎってことね」

「カエセ・・・アガヂャンガエセーーーーーーーー!!!!!」

H・Y・T・M「うわ==========!!!!!!!」

みんなはそのまま気を失い、気がついたときには朝になっていた。

四人は一目さんに逃げていき二度とそこには近づかなかった・・・

あの赤ん坊と女の人の正体は誰にもわからないまま・・・

みなさんももしその展望台を見つけたときは

赤ん坊の声にお気をつけて・・・