大学生だった僕は暇をもて余した友人と呪いのビデオを鑑賞することにも飽きてきて、

心霊スポット巡りをしていた。

そのなかで

兵庫県H市の

○坂トンネルでの

お話を…

地元の方だと、100年くらい前に作られたトンネルと言えば、わかると思いますが…

友人たちと4人で、コンビニで買った心霊スポットの地図を眺めながら車で探索していました。

詳細な地図がなく、なんとか近くであろう所までは辿り着けたのですが、見当たらず、

車を停めて徒歩でうろうろしてみても、

それらしきトンネルなんて見当たらないので帰ろうか…と、なりました。

車に乗り込み、クルマをUターンさせようとした時に、ふと、お地蔵さんを発見。

その時友人の一人が、「あそこ道じゃない?」と言い出しました。

車のヘッドライトで照らしてみると確かに道がありました。

ここはもういくしかないと、その道を歩いて上っていきました。

少し歩くと山の中にぼんやりと明かりが見えました。

明かりのもとに辿り着くと、真っ暗な山の中にポツンとトンネルがありました。

車一台がなんとか通れるくらいの幅で薄暗い感じのトンネル。

友人たちとトンネルの壁の染みが人の顔みたいだとか、

山の中から誰かに見られている気がするだとか雑談をしていましたが、

恐怖のあまり誰もトンネルに近づかないので、みんなで入ってみようかということになりました。

近づくと向こう側も同じようにまっ暗闇でした。

何故か皆入り口で立ち止まりました。

「お前にも見えてる?」

「いや、普通に足がうごいてるんやけど…」

トンネルの向こう側の明かりと暗闇の境目の所で無数の足が蠢いていました。

「これ、向こう側にいくのやばくない?」

「とりあえず、向こうにはいけないよね…」

この時は何故か恐怖心はなく、あの足はなんなんだろうという興味と、

なにかトンネルに吸い込まれるように、それにみいっていた。

どれくらいたったか

「そろそろかえるか~」

と友人が言い出し帰ろうかなと思ったとき…

トンネルの向こう側に顔が見えました

「え?やばいかもしれん…なんか見てしまった…」

とっさにみんな見つめあい、何を見たのか説明しようとしていると…横目にうつるんですよ…

顔がゆっくりと、トンネルの向こう側からこちらを覗いているのが…

顔を向けると…

ランドセルに小学生の女の子が被っている帽子を身につけたものが…

視力が弱いのですが、何故かはっきりとわかりました。

こっちを見ているのも、姿形も小学生だってことも…

「帰ろ!」

友人たちには見えていなかったらしく、車で説明するからと、足早に車まで戻りました。

時間は夜中の3時くらい、小学生がそんなところにいるわけもなく、

まして大人でもあんな気味の悪いところにいるわけもない。

車に乗り込み、エンジンをかけようとすると、テレビと同じようにエンジンがかからない…

「ま、一服するか…」

しばらくたって落ち着いた頃、エンジンもかかり薄明かるくなってきたので、帰路につきました。

その日は全員僕の家で昼過ぎまで爆睡…

で、オチ的な感じですが

1ヶ月くらいたったあと実家に帰省して家族で外食に行ったときの話。

母は霊感が鋭く、よく色んな話を聞かせてくれるのですが、その話はまた次回に…。

で、食事していたとき突然

母「あんた変なとこ行った?」

僕「へんなとこって?てか、なんで?」

母「トンネルにいったでしょ!」

母にはそんな話をしていなかったのに…

僕「なんでそんなことわかんの?」

母「だってさっきから、あんたの周りをランドセルかるった女の子がウロウロしているから」