この話は母親の職場の同僚の話である。

類は友を呼ぶというが、その母親の同僚もそういったものが見える人らしい。

その上、その同僚は好奇心旺盛で、怖いもの見たさに心霊スポットなどに好んで出入りするという、

少々風変わりな人だ。

母が聞いたというその同僚の経験談をここから数話にわたって紹介しようと思う。

群馬県の某T市、大きい街なので群馬県在住の人間ならわかるかもしれない。

母の同僚は仕事の関係でT市で車を走らせていた。

その交差点に通りかかった時、一目で誰かが死んでいるなとわかった。

交差点の路側帯には花と線香が手向けてあったからだ。

これだけ交通量の多い道路だ、死亡事故の一つも起こってもおかしくはないのだが、

母の同僚は何か嫌な気配を感じていた。

「ここは引っ張られるのかもしれない」

そんな事を考えながらも、その時は何事も無く母の同僚はその交差点を抜けて取引先へと向った。

それから数日後、母の同僚は再び仕事の関係で、T市の取引先へと向うこととなった。

その取引先での仕事の帰り、少々仕事に手間取ってしまい取引先を出たのは夜になってしまった。

取引先からの帰り道、まだ記憶にも新しい、花の手向けてあった交差点に差し掛かった。

「夜に通るのは何かイヤだなぁ」と思いながら、その交差点を通過しようとしたその時。

交差点の中ほど、突然、ハンドルが右に取られた。

自分でハンドルをきったわけではない、なぜなら、ハンドルを握る手が一つ多い。

手首から上だけの手が、ハンドルの下にぶら下がっていて、ハンドルを右にきろうとしているのだ。

母の同僚はさすがに驚いたが、このまま右に行けば確実に対向車と衝突して大事故になってしまう。

同僚は意を決して、そのハンドルを握る「第三の手」を力いっぱい拳で叩きつけた。

するとどうだろう、一度殴っただけでその手は消え、ハンドルの自由も利くようになったのだという。

なんとか交差点を抜け、そこからは無事に帰宅することができたが、その交差点にはもう近づきたくないという。

違う手がハンドルを握るという話はよく聞く話だが、殴って撃退したというのは初めて聞く。