この話は心霊スポット初体験の俺と霊感のある友人Aと場慣れしている友人Bの三人で、

とある廃病院へ行った時の話です。

東京の八王子市の山奥にある廃病院 車を止めて降りると、

長い上り坂を歩いて ボロボロになっているフェンスを潜ったらすぐに廃病院でした。

当然外灯などあるはずもなく、明かりと言えば三人の持っている懐中電灯のみ。

玄関と思われる入り口から入ろうと思いましたが

心霊スポット初体験の俺は怖くなり 「いきなりかよ?!」 と、少々弱気になっていました。

「じゃあ建物の周りを歩いてから入るか?まず慣れる所からだな」

友人AとBはからかう様に笑いながらしばらく建物の周りを一緒に歩いてくれました。

まもなくしてAの様子があきらかに変になってきたので心配そうに声を掛けると、

「だいぶきてるね」

と…かなり恐ろしい事を口にしていたので正直怖すぎて言葉を失いました。

黙々と歩いていると突然、

「上を見てごらんよ」

と言われたので俺は思わず懐中電灯を建物の三階部分のある一枚の窓へと光を向けました。

窓ガラスに光が反射しているのですが…どうも女性の顔の様なものが見えて仕方ありません。

友人AとBへアイコンタクトを交わすように顔を合わせると頷いて、

「あぁ…見えるよな」

しかも白い手のようなものが見えて更に手招きしているようにも見えます。

「行ってみるか」

と、とんでもない事を言うB 「今日は止めておいたほうがいい」

と、もっともな事を言うA

一瞬だけどうしようかと話し合っていましたが、その刹那、

「ガシャーン!!」

と、突然凄い物音が廃病院内で響きました。

まるでガラスが床に落ちて盛大に割れたような音…

この音を聞くな否や俺達は逃げるように廃病院を後にしました。

そして一週間後また三人で集まる機会があった時に、廃病院の話題になりました。

A「最後に聞こえた、あの音…心臓に悪かったな」

B「あんなの物音に過ぎないだろ?それより窓に映った女性だよ」

俺「あぁー上を見てーって言われて懐中電灯照らしたあの窓?」

B「そうそう、さすがAだよな、霊感ある奴は気の毒だよ」

A「はぁ? 俺言ってねぇよ…」

B「じゃあお前?」

俺「いや…俺じゃないし」

A[じゃ…誰だよ……]

その後、三人とも「上を見てごらんよ」なんて口にしていない事がわかりました。

元より三人が同じように三階のとある窓へ懐中電灯を向ける偶然なんてありえません。

その声が女性の様な気がした事、誘われていた様な気がした事は、

今となっては謎のままです。