今からちょうど5年前。中学生3年生の夏休みのお話。

高校受験を控えた夏、少し気の抜けていた私は

両親の提案で知り合いのおじゅっさん(お坊さん)の居るお寺へ修行と言う事で、1週間泊まる事に。

最初の内は特筆する事は無かったのだが、4日目の夜。

お住職さんから、「今晩は、本堂の番をして下さい」と言われ、本堂で眠る事に。

その本堂には身寄りの無いお骨、骨壷が棚の上に並べられている。

お骨に足を向けて寝るのは失礼に値すると言う事で、お骨に頭を向けて寝ていた。

深夜2時(超ベタだが)ふと目が覚めた。例によって金縛り。

金縛りには何度かあったことがあるのだが、状況が状況なだけに怖さ数倍。

よくお経を唱えればいい等と言うが、いざそうなるとそんな余裕は無いものだ。

頭がなんとか少し動かせたので周りを見渡して見ると、

並んだ骨壷の一番左から女の形をした真っ黒な人影が出てきた。

真っ黒で表情も何も見えなかったのだが、髪の長さから見て、恐らく女だったんだろうと思う。

その影はゆっくりと私に近づいてき、枕元にしゃがみ込んで首周りを上から押さえてきた。

苦しさではなく激痛が走り、声も出ない。

しばらくその状態が続いた。

その影はすっと立ち上がり、本堂の入り口のほうへ歩いていった。

ひとりでにドアが開き、外へ出て行った。

その日は半ば気絶状態で眠ってしまった。

朝起きて、本堂を出るとソファがあるのだが、そこに外回りのおじゅっさんが寝ていた。

するとそのおじゅっさんは

「昨日夜中トイレ行った?」

と聞いてきた。

行っていないと答えて、理由を尋ねると

「いや、昨日の夜そこのドア開いたから見てんけど誰もおらんかったからトイレでも行ったんかな?と思って」

…夢じゃなかったのか。

そこで事情を説明して、お住職さんに報告、もう一度本堂を見に行くことに。

影が出てきた骨壷を見て見ると…

蓋と壺の間に一番大きい骨が挟まっていた。

お住職さんは「こりゃいかん」というう事で

次の日以降は本堂ではなく、本堂の上にある空き部屋(お住職さんの部屋の隣)で寝る事に。

お住職さん曰く「恐らく今晩も出るでしょうから、このお寺の犬を鎖に繋いで部屋に入れておきなさい」との事。

犬の鳴き声はそういった類のものを祓う効果があるそうです。

そして夜。

やはり深夜2時頃金縛りに。

下の本堂から物音がしたかと思うと、階段をギィー…ギィー…とゆっくり階段を上ってくる音が。

「来たか」と思い、犬を見てみると早速うなり声。

足音が上がってくるにつれて吠え始めたので「心強いな」と思い少し安心していたのだが、

足音が止まる気配は無い。

と言うより少し早くなったような。

もうすぐそこになり、犬を見てみると

「lきdじょcv#:dsか%fl;め&gもい」

と、人間の呻き声と全く同じ声を出し、涎もダラダラで鎖を引きちぎらんばかりに逃げようとしている。

もう駄目か。と諦めかけたところで、襖を開ける音がし、お住職さんの喝が聞こえた。

足音が消えたと同時に金縛りも解けた。

お住職さんは、私が心配で起きて警戒していてくれたそう。

部屋に駆けつけてくれた時、自分では気がつかなかったが、私は泣いていたそうだ。

足音が消えたにも関わらず犬はまだ呻きながら逃げようとしている。

「早く離してあげましょう。このままでは狂って死んでしまいます」と、お住職さん。

急いで鎖を外してあげると、階段の上から飛び降りて転げ落ちながら逃げていった。

言葉を失っていた私にお住職さんは

「これはちょっとまずいですね。こういったのに詳しい知り合いがいますので明日一緒に相談に行きましょう。」

と優しく言ってくれた。

次の日、その知り合いの女性のところへ2人で相談に。

事情を説明すると、

「それはちょっとまずいですね。恐らくその女性はあなたに相当入れ込んでいる様です。

下手をすれば取り返しのつかないことになります。言いたくありませんが…ここにも着いて来ている様ですし。」

言葉が出ない私に代わって、お住職さんが

「そうすればいいのですか?」と尋ねてくれた。

するとその女性の方は

「本堂から上に上がる階段の一段目の両端に塩を盛って、それをさらに塩でつなぎなさい。

これで一種の結界のような力があるんですが、それを超えてくる可能性もあります。

なので一応あなたの寝ている布団の四隅に魔除けの仏具を置いて、

またそれを塩でつないでおきなさい。これで恐らく大丈夫でしょう。」



その日の晩言われた通りにすると、そこからは何も起こりませんでした。

しかしそんな事があってから、今でも睡眠薬が無いと眠れません。