地方の女の子を集めるため、出張スカウトをしていました

連絡先もある程度集まり、今日はこの辺で切り上げて

ホテルに帰ろうと車を走らせて居ました

同乗者がドライブに行きたいと言うので

僕は早く寝たかったのですがドライブへ行くことに・・

1時間程車を走らせていると、割と大きなホテルの廃墟が・・

同乗者「お!!あそこ行こうよ!暇だし」

 僕 「マジっすか?雨降ってきたし帰りましょうよ」

この頃、霊感と言う物が目覚めてしまっていた僕は拒否したのですが

余りにも行きたがるので渋々行くことに

懐中電灯を持ちいざ廃墟の前に行くと、建物の大きさと

雰囲気に完全に恐怖する僕を尻目に知人は中へ

1階~2階を見て回ると典型的な廃墟でした

中は朽ち果て、あらされ放題・・心霊スポットなんでしょうね

古いテレビ等が長い間放置されていたのを物語っています

そして3階へ、いきなり空気が変わったような感じがしました

耳鳴りがする・・・

僕の異変を感じ取ってくれたのか、3階を見たら帰ることに

同「写真撮ろうよ」

僕「絶対やばいですって・・止めましょう」

結局何枚か撮影することに

荒れた風景しか写らなかったので、最後の一枚と言うことで

デジカメのシャッターを押しました


フラッシュで照らされた瞬間向こうに人影が・・・

デジカメの画面には画面いっぱいに女?の顔が一瞬写り、すぐ撮影モードに・・

2人で顔を見合わせ


「今写ったよな・・?」

「はい・・やばくないっすか?」

「見よう」

確認すると、ただ画面が黒いだけで何も写ってませんでした

荒れた風景を写したのに

僕「帰りましょう!!!」

同「・・・・そっか。面白そうなのに」

再び車を走らせてホテルへ、この間僕は廃墟へ行ったことを後悔してました

何も起こらずホテルへ到着

同乗者がフロントに廃墟のことを尋ねるとやはり有名な心霊スポットでした

10数年前に廃墟に、火事があった、自殺があったなどの話をしてました

そんな事より、廃墟ホテルの名前を聞いてびっくりしました


ホテルニ○ージャパン・・・!


東京に有りましたよね?心霊スポットで

変な偶然に怖いなと思いつつ各自の部屋へ

一人でさっき写った顔のことを考えていると

バンッ!

と窓ガラスが叩かれる音が・・

窓を見ると少しだけ開いてる

閉めてたはずなのに

またバンッと音がしたので怖いけど閉めようと思い、立ち上がると

風が吹き、カーテンが少しだけめくれました

一瞬でしたが誰かが立ってるのが見えたんですよ

5階の窓の外に・・・

顔はカーテンで隠れてるんですけど確かに居ました

真っ白くて細い腕から女だと思われますが、体をこちらに向けて・・・